「最近の若者は昔の人より頭が悪くなった」と、よく耳にしますよね。

実はこれにはわけがあるのです。

戦時中の日本に遡ります。

第二次世界大戦、日本の数々の軍事作戦により日本人の頭脳は米国にとって脅威でした。

それが教訓となり、大戦後、米国は日本をダメな国するため愛国心の解体と同時に、
それまでの日本の教育システムを解体したのです。

その先頭に立っったのがGHQでした。

戦争で日本人の優れた頭脳を実感した米国は、
今後、日本から優秀な人物が生まれないように日本の教育システムを廃止したのです。

そして、その代わりに新たなシステムとして導入されたのが、
6・3・3・4制の教育制度です。

この学制改革は、従来の複線型教育から単線型教育へ変更。

これが大きく日本人の才能を左右することになったのです。

例えば、戦前は選択肢が多く飛び級で上の学校に入学できたり、
逆に社会人を得て高等学校に入ることもできました。

個人の能力や生活に合わせた教育システムが用意されていたのです。

ところが、学制改革以降、学校は小・中・高・大の単線型教育のみに絞られたのです。

選択肢といえば、

高校に行くか、行かないか?

大学に行くか、行かないか?

くらいです。

能力や生活環境に関係なく、
年齢とともに小・中・高・大と進んでいくだけにしてしまったのです。

選択肢を減らし、ただ進学させるようにした結果、
個々の能力は平均化され、特別に優秀な子供が出てこなくなりました。

またその一方で何の目的を持てない子供や、
途中で落ちこぼれる子供が出てくるようになったのです。

この学制改革こそが日本の頭脳レベルを落とす米国の作戦だったのです。

小・中学生時代の頃を思い出してみてください。

学校には音楽室や理科室などの特別教室がありますよね。

音楽室にはベートーヴェンやモーツァルトなど、
大音楽家の肖像画が壁に貼られていますが、
同じ特別教室でも理科室には科学者の肖像画が貼られていません。

音楽室の肖像画

音楽室の肖像画

音楽室同様に考えるなら、アインシュタインやエジソンなどの
有名な科学者の肖像画が壁に貼られててもおかしくありません。

これは日本から優秀な科学者が出ないように、
また科学者に憧れないようにするためなのです。

なぜなら米国は戦時中の日本の科学力を恐れていたからです。

最近の若者が頭が悪くなったと言われる理由は、
こうした学校の教育システムにあったのです。

他にも米国は大量に記憶した者だけが、
社会的に有利な地位につける社会システムの構築を日本に行わせました。

これはどういうことか?

受験を思考型にせず、記憶型にしているのは、
教科書に書いてあることだけ憶えさせるためです。

これは好奇心旺盛な子供に余計なことを考えさせないためです。

そうすることで記憶型の人は社会的にも立場的にも有利となり、
リーダー的な存在になることが可能です。

ところが、記憶型でリーダー的存在になった人は、
教科書やマニュアルに沿ったことはできても自分で考えることを知りません。

つまり、記憶型の子供を育てるということは、
洗脳されやすい人間ができあがるというわけです。

そういう人たちを社会の中でリーダーにしておけばどうでしょうか?

米国(シークレットガバメント)の思うがままに日本を操れるようになるのです。

頭を使うことは決して記憶ではなく考えることです。

考えることをしなければ、自分が洗脳されていることに気づかないまま、
一生を終えることになるでしょう。

 

一方「思考型」は何か行動を起こす際、
それが当り前のことであってもその理由をいちいち考えます。

考える分「記憶型」に比べ、リアクションがワンテンポ遅れます。

当然「記憶」することが苦手なので、
人の名前や住所、電話番号など固有名詞を覚えるのが苦手です。

なので仕事上においても、プライベートにおいても、
不利なことばかりで周りから見たらとても不器用に見えます。

しかし、自分が納得するまで、いちいち理由を考える「思考型」は、
騙されたとしても目が覚めるのも早いのです。

また話しを「記憶型」に戻しますが、
「記憶型」は物事を自分の物差しでしか測れません。

なので非常識なことや非科学的なことを真っ向から否定する傾向があります。

しかも、あたかも自分の言ってることが正論のように振る舞ったりします。

こういうタイプは、自分がマインドコントロールされていることに全く気づいていません。

洗脳から目が覚めにくいタイプなのです。

こういうタイプの人は、まずこの世の中の常識が「非常識」だということを知るべきです。

すると自ずとこの世の多くの矛盾に気づくでしょう。