googleアースの秘密

googleアース

2005年、ウェブ上に登場した「googleアース」というバーチャル地球儀ソフトについてお話します。

このソフトは、地球上のどんな場所へもひとっ飛びで、

衛星写真、地図、地形、3Dの建物など、楽しいコンテンツが満載です。

しかも、ストリートビューにより、その街を眺めることができるばかりか、

あたかも自分がその場所にいるような感覚で閲覧できる便利なソフトです。

 

asu2 asu1

googleアースはもともと、米軍が世界の軍事施設を監視するために開発した軍事目的のソフトです。

軍で使うようなソフトなら本来は機密とされていて、

私たち一般人が使えるはずがないのですが、

なぜグーグルアースを誰でも無料でダウンロードして自由に使えるのでしょうか?

 

米国以外の国々の重要施設が高解像度で公開されているのは、

「我々はずっと監視していた」という世界の軍部に対してのメッセージでもあるのです。

これを敢えてウェブ上で公開することにより無言の圧力をかけているというわけです。

 

とはいえ、米国がgoogleアースのような技術で世界を監視していたのは20年以上も昔の話です。

現在では、偵察・監視衛星でリアルタイムの動画はおろか、

移動している車のナンバーまでピタリとピントを合わせて読み取ることができるのです。

 

さらには、サーモグラフィ機能を併用することで、

建物の中の人数を把握できるばかりか、建物を一切傷つけることなく、

建物内にいる人間だけをプラズマ兵器によって消滅させてしまうことも可能なのです。

 

実際に米軍は、1991年の湾岸戦争の時には、

既にプラズマ兵器を使用し、戦車を破壊することなく、

戦車に搭乗している兵士だけを消滅させていたのです。

 

当然、このような事実はマスコミを通して一般の人が知ることはありません。

 

このプラズマ兵器を地中の活断層やプレートに打ち込めば大地震が起こすことが可能です。

そして3.11も、このプラズマ兵器によって引き起こされたものです。

 

話はgoogleアースに戻りますが、

私たちは最初にこのソフトを使ってその凄さに驚きましたよね。

でも技術をどんどん進化させている米軍にとっては、

このようなレベルのソフトは、すっかり不要なのです。

 

googleアースを提供しているGoogleは、

検索システムとしても世界一を誇る企業ですが、

実はシークレットガバメントに呑み込まれ、

現在ではイルミナティ傘下の企業となっています。

こうした企業を別名でメイソン企業とも呼びます。

 

googleが、メイソン企業だということはロゴマークを見れば一目了然です。

googleのロゴにもgoogleクローム(ブラウザ)のロゴにも

「666」のデザインが組み込まれているのが確認できます。

 

suuji14

 

「666」が悪魔の数字だということはご存知ですよね。

インターネットの開発の中心にいたのは米国防総省です。

原型が1969年に開発され、

一般人の手元に商品として届き始めたのは、それからおよそ20年後です。

 

米軍は、このように便利なツールを大衆に与え、喜ばせています。

しかしその一方で、彼らは徐々に大衆を監視・管理する方向へ導いているのです。

 

パソコン、インターネット、携帯電話、カーナビ、スマートフォンなど、

便利な商品ばかり登場している今日ですが、

もとを正せばどれも軍事目的で作られたもので、

これらは私たち人類を監視・管理するための道具として使わせていることを忘れてはいけません。

 

確かにこうしたツールは便利です。

しかし、なぜ私たちにもともと軍事用だったものを使わせているのか?

を考えないといけません。

 

現在の世の中を動かしているのは、

革命を起こして「力」を手に入れた組織やその流れを汲む人間です。

革命で力を手に入れた者たちが最も恐れることは何だと思いますか?

 

それは再び革命が起こり、自分たちの力が奪われることです。

では、支配者たちが革命を防ぐためにやることは何でしょうか?

 

それは、革命へと発展しかねない行動を起こしている人間の動きを封じること・・・

ターゲットが団体ならば、その勢力が拡大する前に潰すことなのです。

 

どうやって、この広い世の中から、

そんな人物あるいは団体を探して特定するのでしょうか?

 

そこで登場したツールがインターネットなのです。

個人がどんなサイトを見たか、どんな書き込みをしたか、

どんな検索をしたかなど・・・

その内容を通して、その個人の人物像を知ることができます。

 

例えば、興味本位で裏社会に関することを検索したり、

そういった内容のメールをしたり、サイトに書き込んだり、

コメントしたりするとしましょう。

 

インターネットでは、何か言葉を打ち込んだ時に、

その情報が支配者側に伝えられる仕組みになっています。

つまり、支配者側が設定しているキーワードに触れればアウト。

その人物は彼らにマークされるようになるのです。

彼らが「この人物を生かしておけば都合が悪い」と判断した場合、

この世から消され可能性があるのです。

 

今より人口を減らし、自分たちの言いなりになるような人間だけを残したいのが

シークレットガバメント、そしてイルミナティなのです。

 

だから彼らは、世の中の裏の構造(本当の構造)に興味を持った人間を、

できるだけ消そうと考えているのです。

 

これこそが、インターネットを世界に普及させた最大の理由です。

なので個人が特定できるように、それぞれにユーザーIDを持たせているのです。

そして、その個人の言動を常に監視しているというわけです。

1 個のコメント

  • 安倍 より:

    Googleアースはとっても便利で、このあいだ母さんと弟と3人で、北海道の親戚の家に行ったときも、無料地図アプリのナビ機能にGoogleアースが組み込まれていたので、

    「あの森のカーブ連続の道を抜けたら右だぞ」とか、「大きな畑と赤い屋根の家の先の十字路のとこは左だな」

    なぁんて感じで、スイスイと目的地にたどり着いた。

    確かに、この世が監視社会になっていることは、たくさんの人々の著作やマスコミやネットで流れる情報を見てると一目瞭然だけど、今さら後戻りは出来ないから、

    何を見られても平気なように出来るだけ明るくオープンな生き方をしながら、世界の裏読みもしっかりしつつ、

    時には、すべてが人工的で人造的なおかしな世界から心を解放して、道に咲く花々や鳥や虫のようなものに癒されつつ生きて行こうかなあと思いまする。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です