ルウェイに出現した渦巻き光線

2009年12月9日、ノルウェイに出現した渦巻き光線をご存知でしょうか?

日本のニュースでは「UFOかも?」と取り上げていましたが、
この光線こそハープが放出した高周波だったかも知れません。

image097 image096

 

こう言うと、

「これはノルウェーで起きた現象だ。
ハープはアラスカだし、この光線は下から延びている。
ハープが放出する光線では辻褄が合わない。」

と思う人も多いはずです。

実はこの日、アラスカのハープとスイスの「CERNの大型ハドロン衝突型加速器」は実験の最中でした。

ということは、もしかしたら両者が化学反応を起こし、
あの渦巻き光線が発生したのではないか?とも考えられます。

また、ハープがあるのはアラスカだけではありません。
小さな規模のものは世界中のあちこちに存在しています。

1 個のコメント

  • アブドゥッラー より:

    慈悲あまねく、慈愛深き、神の御名によって。

    イスラーム (平和) 信者、アブドゥッラー (神の下僕) より、皆様へ。

    正しい道に従っている人達に、平安が、ありますように。

    唯一の神のほかに神は無く、
    ノア、イエス・キリスト、ムハンマド様達は、神の下僕(しもべ)で、
    神から遣わされた人で、預言者です。

    アラビヤ語の「イスラーム」は「平和」「純粋」「従順」「神への帰依 」等の意味です。

    神は全知全能で、人の心の中を知り、目に見えず、祈りに応 (こた) えて下さる御方です。

    「アッラー」は日本語で「神」、英語で「GOD」等と表し、

    「真理なる御方」「限り無く尊い御方」「永遠なる御方」等、無数の美称が、あります。

    最後の預言者ムハンマド (ほめられる者) 様に啓示された聖書クルアーン (読まれるもの) は、

    以前の聖書、律法、福音書等の続編で、全人類への訓戒です。

    クルアーンは体を清めなくては、触れては、いけません。

    クルアーンは最後の審判の日まで、一字一句、神に守護されますが、

    クルアーン以前の聖書は昔の権力者等により、所々、改竄 (かいざん) されてます。
    全人類の先祖、最初の預言者アダム様は宇宙の彼方 (かなた) にあるエデン (永遠) の園から地球に来ました。

    預言者様達に平安と祝福が、ありますように。

    諸世界の主、神がムハンマド様に定められる教えは、ノア、モーセ、イエス・キリスト様達に命じられた教えと同じものです。

    クルアーンの和訳に「万有の主、神にこそ全ての称賛あれ、慈悲あまねく慈愛深き御方、最後の審判の日の主宰者に。

    あなたにこそ私達は仕え、あなたにこそ助けを求める。

    私達を正しい道に導きたまえ、あなたが御恵みを下された人々の道に、あなたの怒りを受けし者、また踏み迷える人々の道では無く。」

    伝承に「 (アラビヤ語で) アッラーフ アクバル (神は偉大なり) を沢山唱える事は火事の火を消し、

    雷は、アッラーフ アクバルで無く、スブハーナッラー (神は完全無欠なり) 等と神を唱念してる者を害さず、

    ラー イラーハ イッラッラー (神は唯一無二なり) は、最高の唱念である。」等と、 あります。

    最も大事な事は神を唱念する事で、常に神を唱念すべきです。

    真に礼拝は醜行と悪事を遠ざけ、人々が、きちんと礼拝をする地域では、地震等の災害が、取り除かれます。

    現世の飲酒は、病、罪、地獄等、あらゆる悪の源、鍵 (かぎ) 、礼拝は天国の鍵です。

    悪魔の望むところは、酒と賭事によって皆の間に敵意と憎悪を起こさせ、

    皆が神を念じ、礼拝を捧げるのを妨げようとする事です。

    一日五回の礼拝、一年の内、一ヶ月間の日中の断食等を各自の能力に応じ行うべきです。

    神の教えは現在も続き、分派が、ありますが、救われるのは、真に平和、純粋、従順に、神を信仰する人達です。

    現世の生活は片時で、来世は永遠です。神は偉大で唯一です。ムハンマド様達は、その使徒です。皆様、礼拝に来て下さい。

    GOD IS ONLY ONE. MUHANMADO IS HIS APOSTLE.

    斎部 サルマーン (平和)
    メール inbe.islam@i.softbank.jp
    電話 080-9406-1973 sb.
    090-2906-6952 au.

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です