聖書には「創世記」というものがありますが、これには、いったい何が書かれているのでしょうか。

「初めに、神は天地を創造された。地は混沌であって、闇が深淵の面にあり、神の霊が水の面を動いていた。神は言われた。「光あれ」

で始まっています。

「創世記」には、神が天地を創造し、イスラエル人がエジプトで生活するまでの物語が綴られているのです。

  • 神は、天と地と人間を含めたすべてのものをつくった。
  • 一日目に闇から光が生みだされる。
  • 二日目には天がつくられた。
  • 三日目には海と陸、植物がつくられた。
  • 四日目には太陽や月、星がつくられた。
  • 五日目には魚、鳥がつくられた。
  • 六日目には、野生動物から家畜まで、あらゆる地上の動物が作られた。
  • その後、神の姿に似せて人を創造した。
  • 最後の七日目に、神はすべてが完成したことを祝して安息日(休日)を迎える。

この頃の人間は、まだ死ぬことのない霊的な存在で、正しく自然界に調和できる道徳的な存在でした。

そして、神は人間生活に大切な制度を設けます。

それは、一週間という時間軸と安息日です。

さらに土の塊からできたアダムと、そのあばら骨からできたイブ(エバ)の男女をつくります。

神はアダムとイヴに力を合わせることを命じましたが、人間に邪悪な知恵を授ける蛇の登場によって神と人間の歯車が狂い始めたのです。

 

そして、その蛇にそそのかされた人間が、神が触れることさえ禁じていた「知恵の実(禁断果実)」を囗にします。

口にした「知恵の実」によって人間は知恵をつけてしまったのです。

神の命令に背いた人間は、以後その欲深さから、あらゆる自然界のシステムを壊し始めるようになります。

そこで神は、人間の行いに憤りを感じ、ついには、地上に大洪水を起こして世界を滅ぼしてしまったのです。

 

しかし、聖書には救いの希望も含めてあり、神はノアという人物に世界を再び築くことを託します。

つまり、神は世界を滅ぼす大洪水を起こす前に、ノアに箱舟を作らせ、脱出させたというわけです。

それが、「ノアの方舟」です。

ノアの方舟

ノアの方舟

 

洪水で生き残ったノアのー族は神の祝福を受け、新たな人類の祖先となりました。

そして、ノアの大洪水脱出劇から時代は流れ、神はアブラハムという人物の信仰心の深さを知るようになります。

そして、神はアブラハムに「イスラエル人の父」として子孫の繁栄を約束し、「旧約聖書」の民であるユダヤ人が誕生したというわけです。

 

「アブラハム」とは、ヘブライ語で「多くの民の父」という意味があり、「民族の父」として、イスラエル人から高い尊敬を受けています。

しかもそれは、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教においても同じように尊敬されているのです。

 

後に、ユダヤ12支族の柤ヤコブの息子にヨセフという人物が登場します。

しかし、彼とその一族は、神の計画により飢饉からの避難という形でエジプトに移住するようになります。

ここから、ユダヤ人のエジプトでの生活が始まったというわけです。

 

因みに、ノアの方舟で脱出し、世界を再構築した「ノア」という人物の名前ですが、ヘブライ語では「ノア=慰め」という意味になります。

また、ノアは、アダムから数えて十代目の人間です。

大まかではありますが、下記のアダムとイヴの誕生からイエスキリストまでの系譜をご覧ください。

アダムとイブからイエスキリストまでの系譜

これでも途中がだいぶ省略されています。