LINEの危険性

フェイスブックやツイッターなどのSNSが流行する中、
最近話題となっているのがLINEというサービスです。

私も、このアプリを自分の携帯にインストールしてみました。

すると、出てくる出てくる・・・友達一覧に表示される知人や身内。

皆、LINEやってるんだ?と思うより先に、かなり危険なサービスだと感じました。

スカイプ同様に無料でチャットや通話ができて便利かもしれませんが、
危険極まりないサービスでもあるのです。

第一、登録しただけで電話帳に登録してる人達と繋がるところが恐ろしい。

プライバシーを完全に無視したサービスです。

例えばあなたが連絡を取りたくない人の番号を電話帳に残しているとします。

本来なら、そんな人の電話番号なんて早く消去したいところでしょう。

なぜ残しているかというと、万が一、その相手から電話がかかって場合、
着信番号でわかるようにですよね?

電話帳に残しておけば、例え嫌な相手からかかってきも出ないで済みます。

つまりこの場合、電話に出たくないから敢えて電話帳から消去せず、
残したままになっているわけですよね。

ところが、LINEに登録すれば、それが裏目に出ることがあるのです。

なぜなら、電話帳に登録している番号が友達として表示されるからです。

それだけならまだ良いのですが、相手の携帯にも、あなたが友達として表示されるのです。

これ危険だと思いませんか?

かなり危険だと感じましたので少し調べてみました。

やはり、そこにはセキュリティの問題がありました。

LINEは無意識にアドレス帳を送信してしまいます。

LINEのアドレス帳を使った友達検索機能・・・かなりヤバいです。

自分は注意していても、友人の電話帳経由で自分の個人情報が漏洩することになりますので、
その点を十分に考えた上で使う必要があるようです。

できることなら、使わない方が良いでしょう。

使うなら自分の個人情報が第三者に流出してしまうことを覚悟の上で!

こちらの動画をご覧ください。

YouTube Preview Image