2003年に米国で出版された『ダ・ヴィンチ・コード』をご存知の方は多いことでしょう。

ダン・ブラウンが執筆した長編推理小説で『天使と悪魔』に次ぐ第2作目です。

「ウィトルウィウス的人体図」、「モナ・リザ」、「岩窟の聖母」、「最後の晩餐」など
レオナルド・ダ・ヴィンチ作品の謎にはじまり、
多くの流説を結びつけた内容は世界的に大ヒットし、
44言語に翻訳され7000万部の大ベストセラーとなりました。

筆者がフィクションであるにも関わらず、
事実に基づいていると述べたため、
多くの研究者による論争が行われています。

2006年には、映画にもなったほどの超大作です。

ダ・ヴィンチ コード

ダ・ヴィンチ コード

この『ダ・ヴィンチ・コード』では、
「M」は重要な意味を持つ文字として登場し、
ダヴィンチの名画『最後の晩餐』にも「M」の文字が隠されています。

また「M」は「MASON(メイソン)」の頭文字でもあります。

キリスト教では不吉とされる数字に「13」があり、
「M」はアルファベットで13番目にあたります。

つまり「M=13」でもあるのです。

私たちが知らないうちに様々なところで
666=18がマーキングされていますが、
それ同様にM=13も至るところにマーキングされているのです。

1ドル紙幣にはいくつもの13が刻まれていましたよね。

13は米国が建国した時の「州」の数だとされています。

しかしなぜキリスト教で不吉とされる数が
1ドル紙幣に刻まれているのでしょうか?

実はもともと13には不吉な意味などないのです。

キリスト教が広まる前からあった土着の宗教では
13は不吉どころか聖なる数字だったのです。

かつて太陰太陽暦では新月の日が月の始まりとされており、
いってみれば新月は新たな誕生やスタートの象徴です。

そしてその新月は年に13回あることから
13は良い数字として捉えられていたのです。

ではなぜ13が不吉な数字とされたのか?

実はキリスト教を広めるためには、
ライバルとなる他の宗教を弱体化または潰す必要があったのです。

そこで当時のライバルである土着の宗教や
ユダヤ教が聖なる数字としていた13が標的にされたのです。

キリスト教を広めていく中で『13日の金曜日』、『裏切った13番目の弟子』など、
13を処刑や裏切りといった悪いイメージの数字として新約聖書に書き、
「こんな汚れた数字を崇めている宗教はおかしい」と人々を洗脳していったのです。

歴史というのは時の権力者が都合の良いように書き換えるもので、
聖書だって長い年月が経つにつれ、様々な人の意図が組み込まれ、
13を不吉な数字としてしまったようです。

ちなみに現代人に13が不吉な数字だと印象づけたのはアポロ13号です。

表向きは13の不吉な迷信を打ち破るためとして、
わざわざ13時13分に発射しました。

そして意図的に失敗させたのです。

13

莫大な予算と人命が関わった国家プロジェクトで敢えて13にこだわったのは、
アポロ計画という全世界が注目するプロジェクトで、
全世界に失敗を見せつけることにより「やはり13は不吉だ」と思い込ませるためです。

そしてその策略は見事に成功し、その迷信は今でも生き続けているのです。

米国のホテルや病院は13に関する部屋やフロアーを客や患者には提供しません。

13ゲートを作らない空港だってあるほどです。

それほど13という数字は今でも怨み嫌われているのです。

ところでM=13を世界中にマーキングしている人達の
目的とはいったい何なのか?

悪魔の数字としてマーキングしているのでしょうか?
それとも聖なる数字としてマーキングしているのでしょうか?

1ドル札に肉眼では確認できない程、
小さな梟(ふくろう)が描かれているのをご存じでしょうか?

次の画像が1ドル札の梟です。

doru8

古代エジプトの「ヒエログリフ」では、
梟はアルファベットのMにあたる文字として使われていました。

つまりフクロウ=M=13となるわけです。

ヒエログリフ

ヒエログリフ

1ドル紙幣に、誰も気づかないような小さな梟が描かれているのは、
13も誰にも気づかれないように、こっそりと
マーキングしているという意味ではないでしょうか?

米国という国はとんでもない場所に梟をマーキングしています。

普通に正面から見てもわかりませんが上空から見るとすぐに分かります。

その場所とは国会議事堂です。

kenkoku6 so64

梟はギリシャ神話に知恵の象徴として登場し、
その意味合いで梟をマーキングしていると言われてますが、それは表向きです。

実際には『知恵を使って世界を支配する』という裏の意味が込められているのです。

13がマーキングされているのは、何も1ドル札や米国会議事堂だけではありません。

日本にも13がマーキングされた有名な場所があります。

それは、「東京スカイツリー」です。

2012年5月22日、東京スカイツリーは開業しました。

634メートルという世界一の高さを誇る電波塔です。

しかしこの高さには「裏話」があることをご存じでしょうか?

本当は、634(ムサシ)メートルではなく、
666(悪魔の数字)メートルにしたかったのです。

東京スカイツリー

東京スカイツリー

これをただの都市伝説だと思う人もいるかもしれません。

ところが5月14日、開業を前に東武鉄道の社長が記者会見を開き、
「当初は、東京スカイツリーの高さを東京タワーの2倍にする計画だった」ともらしたのです。

東京タワーの高さは333メートル・・・
その2倍は666メートルです。

この件に関しては下記をご覧いただくとわかります。

(以下、東京新聞を引用)

————————————————————————————————————
幻の666メートル案 東京タワーの倍、一時検討
————————————————————————————————————

二十二日に開業する東京スカイツリー(墨田区)の高さは、
東京タワーの二倍に当たる六百六十六メートルなども検討されていたことが分かった。

東武鉄道の根津嘉澄社長が十四日、
開業式典後の会見で明らかにした。(小野沢健太)

スカイツリーは着工時、六百十メートルの予定だった。
しかし、同時期に建設中だった中国の広州タワー(六百メートル)がほぼ同じ高さを計画。

そこで、世界一の高さにするために、着工から一年三カ月後の
二〇〇九年十月に六百三十四メートルへ変更した。

根津社長は「六百十以上で、語呂のいい数字を探した」と振り返り、
最初に浮上した案は六百六十六メートルだったことを説明。

しかし、高さを伸ばし過ぎると設計をやり直さなければならないため断念したという。

ほかにも大化の改新があった年にちなんだ「六百四十五メートル」、
ツリー建設地近くの浅草寺(台東区)の創建年から「六百二十八メートル」という案も出た。

最終的に、東京の旧国名の「武蔵」の語呂合わせで六百三十四メートルとなった。

開業日の二十二日は、午前中にセレモニーがあり、
正午から展望台への入場が始まる予定。

七月十日までの五十日間は日時指定の完全予約制で、ほぼ完売しているという。

運営する東武鉄道グループは、ツリーと併設施設を合わせ、
開業後一年間で三千二百万人の来場を見込んでいる。

鈴木社長と根津社長

鈴木社長と根津社長

実は東京タワーに関しても建設前は666メートルにするはずだったのですが、
予定を変更して半分の333メートルにしています。

そうした過去の経緯があるので、
今度こそ666メートルにしたかったはずです。

ただ2012年(世界統一が完成する予定の年)という時期だけに、
それでは世界的にマズいだろう…ということで少しだけ低くしたと考えられるのです。

現在の高さ634メートルも666メートル同様に無視できない数字です。

なぜなら6+3+4=13になるからです。

東京スカイツリーの話はさておき、
少し東京タワーに関しての話をさせてもらいます。

東京タワーを当初の建設予定だった半分の高さ(333メートル)にしたのは、
フリーメイソンの上位階級である33階級にちなんだもので、
完成も昭和33年に合わせています。

この東京タワーの建設には、戦後の日本を統治した
GHQの最高司令官「マッカーサー元帥」が深く関与しており、
彼もまたフリーメイソンのメンバーとしてよく知られている人物です。

東京タワーは日本のテレビの電波塔ですが、
テレビ放送は米国が仕掛けた「日本国民洗脳システム」です。

こうしたテレビは、これまでのアナログ放送に終わりを告げ、
地上デジタル波の電波塔として新しく建設されたのが
東京スカイツリーというわけです。

マッカーサーは日本を統治する際に天皇陛下(昭和天皇)を、
フリーメイソンのグランドマスターに任命しようと目論んでいましたが、
その目論みは果たせませんでした。

なぜかおわかりでしょうか?

それは日本という国、そして天皇には、
マッカーサーが知っているフリーメイソンの知識より、
もっと凄いものが存在するということに途中で気づいたからです。

日本の天皇は近代フリーメイソンの最高位を遙かに上回る
地位であったことが明らかになったからです。

だから日本を完全支配できなくなり途中で諦めたのです。

つまり今の日本国家は、天皇のおかげで
米国からの完全支配を免れているのです。

それは日本国民は天皇に守られているということでもあるのです。

これは昭和天皇とダグラス・マッカーサーの写真ですが、
この時点ではマーカーサーは天皇の地位が、
それほどまでに凄いものだとまだ気付いてません。

写真を見ればそれが窺えますよね。

昭和天皇とマッカーサー

昭和天皇とマッカーサー

 

これは、今上天皇が訪米された時の写真です。

今上天皇とロックフェラー

今上天皇とロックフェラー

天皇の隣は世界皇帝のデイビッド・ロックフェラーです。

さすがのロックフェラーも天皇には一目置いているようにも見えますね。

 

さて話を東京スカイツリーに戻します。

東京スカイツリーの裏話には実はもっと奥があるのです。

スカイツリーの最上部には「ゲイン塔」と呼ばれるアンテナがあります。

ゲイン塔

ゲイン塔

実はこのゲイン搭はスライド式になっていて、
下から押し上げる形で上に延ばすことが可能なのです。

現在は634メールですがいつでも上に延ばすことができるようにしてあり、
666メートルに簡単に修正が可能なのです。

「地下の基礎を含めたら666メートル」という話もあるようですが、
それこそ単なる都市伝説でしょう。

ゲイン塔を延ばせば、いつでも666メートルにすることが可能というのが真相です。

恐らく世界統一政府が樹立する直前もしくは直後にゲイン塔が32メートル上に延ばされ、
東京スカイツリーの高さは666メートルになるのではないか?と考えられるのです。

しかも真上から見た場合、下は三角形ですが上に行くにつれ丸くなってます。

これは明らかに、フリーメイソンのシンボル「ピラミッドに目」を意識して建造されてますよね。

sky4