マールボロに隠されてる秘密

「フィリップ・モリス社」が製造するタバコのブランドに
「マールボロ(Marlboro)」というタバコがあります。

吸っている人も多いと思うのですが、実はこのタバコには、
とんでもない秘密が隠されていることをご存じでしょうか?

画像を見てみましょう。

004

Marlboro」の文字の上に描かれたマーク・・・

どこかで見たことありませんか?

ロスチャイルドの家紋

ロスチャイルドの家紋

そうです、ロスチャイルド家の家紋と酷似しているのです。

それもそのはず「フィリップ・モリス社」の真のオーナーは「ロスチャイルド」なのですから。

しかも、マークの背後の白い三角はピラミッドにも見えますよね。

これは、イルミナティのシンボル「ピラミッドに目」を彷彿とさせます。

 

続いて、マールボロの箱を逆さにしてみましょう。

000

そして「Marlboro」の文字の上部を隠します。

すると、首を吊っている人とそれを見ている人の足の形が現れます。

003

これは「首を吊っている黒人を見て笑っている白人」を表しているそうです。

005

ではなぜ、そういわれているのでしょうか?

パッケージを横に向けて赤い部分を見てください。

0001

これは、アルファベットの「K」を表しているのです。

この「K」は、裏と底にも刻まれています。

つまり、3つの「K」で「KKK」・・・

「クー・クラックス・クラン(白人至上主義組織)」のイニシャルが隠されているのです。

以下の画像がKKKという組織です。

006 009 008

「クー・クラックス・クラン」とは、米国の秘密結社でイルミナティの傘下団体でもあるのです。

白人至上主義は人種差別的思想で、特に黒人に対しては差別意識を持っていると言われています。

だから「首吊りした黒人を見て笑う白人」を表していると言われているのです。

再びロスチャイルドの家紋に似たマークに注目してみましょう。

エンブレムを支える動物の股のところに、三角頭巾のKKKが横断幕を持っているのがわかります。

しかも横断幕に書かれている言葉は「VENI・VEDI・VICI」です。

これはラテン語で「我来たり・我見たり・我勝てり」と言う意味だそうです。

007

この言葉は「ジュリアス・シーザー」がローマ元老院に勝利の報告をした時の言葉です。

このシーザーという男は一般国民にとっては慈悲のかけらもなかった人物で、
とても残酷な人間だったと言われています。

そんな人間の言葉を「KKK」のメンバーが支えているということになるのです。

これで「フリップ・モリス」の創設者のレイシスト(人種・民族による差別主義者のこと)ぶりが垣間見れます。

現に、この創設者は南北戦争の時の兵士で、黒人を追いやる側に加担してた人物だそうです。

また、「Marlboro」のロゴをひっくり返して読むと「ojoqljew」とも読めます。

001 002

まず「jew」は「Jewesh」・・・ユダヤ教徒やユダヤ人を指しています。

次に「ojoql(オジョクル)」は造語で、ある秘密結社の言葉で「追放」を意味します。

実はこの「ojoql」は、それぞれの単語の頭文字になっているのです。

o=outcast(アウトキャスト)=追放

j=jail(ジェイル)=投獄

o=or(オア)=あるいは

q=quarter(クオーター)=四分の一

※この「四分の一」とは、南北戦争の時の残酷な処刑方で馬に両手足を縛りつけ、引き裂かせる「四つ裂き」を意味しています。

l=leaching(リーチング)=ヒル、寄生虫

これらを翻訳すると「ヒルのようなユダヤ人を追放するか、投獄するか、四つ裂きにしよう」となるのです。

こうしたことから、マールボロには強烈な反ユダヤのメッセージが隠されているというわけです。

そう考えると、先ほどの画は「首を吊った黒人を見ている白人」ではなく、
「ユダヤ人を首吊り処刑している白人」を表しているのではないでしょうか?

「Marlboro」の文字を改めて見てみましょう。

003

よく見ると、首を吊っている「M」のズボンは太いですよね。

これは、ユダヤ教のラビ(牧師)の衣装の特徴でもあります。

現在の黒人も、ヒップホップのファッションで太いズボンを履いていますが、
元々、黒人は足が細いという印象があります。

つまり、首を吊っているのは黒人ではなくユダヤ人だと考えられるのです。

このように、マールボロには「KKK」のメンバーだったとも言われるフィリップ・モリス創設者が、
ユダヤ教徒に対する過激なメッセージを隠していたというわけです。

それにしてもユダヤに関しては色々と奥が深いですね。

ですが、このユダヤの本質を解明しなければ、
この世の真の謎は解けないと言っても過言ではありません。

それくらいユダヤには謎を解く多くのカギが握られているのです。

13 件のコメント

  • sun3sin より:

    詳細に書かれてて謎解きのようで、興味深かったです。
    ただ、ロスチャイルド家は始祖がユダヤ人なので(広瀬隆
    「赤い盾」などを読んでみて下さい)、反ユダヤと言う事は
    ないと思いますよ。

  • 当方も「赤い盾」上巻、下巻、共にもっています。

    前に読んだものなので多くの内容は忘れましたが、ユダヤ人については、かなり奥が深いですよ。

    一般には公開できませんが。

  • Takanori より:

    不躾ですが、この論も酷過ぎます。

    先ず第一に決定的な事ですが、前出のsun3sinさんも仰っていますが、ロスチャイルドはユダヤ系ですので、この差別の対象がユダヤ人と言うのは整合性が取れません。

    第二に、何故突然Marlboloの文字を都合良く隠さなければならないのでしょう。
    話が飛躍し過ぎ且つ持論に有利に誘導しすぎです。
    全く正当なアルファベットのフォントに難癖付けても、信じる人は殆ど居ないでしょう。

    第三にojoql等と言う言葉は有りません。
    私は20年近く米国に住んでおりましたし、南部に住んでいた時はKKKメンバーと思われる人達とも対峙した事は何度もありますが(日本人ですから当然差別されます)、聞いた事もありません。
    いくら「秘密結社の隠語」であっても現代のインターネット上で欠片すら存在しない言葉を何故日本人が知っているのでしょう。
    文字遊びのこじつけとしか説明が付きません。

    米国の資本家や欧州の上流階級で「陰謀」が存在するのは確かですが(陰謀が無い社会など無い)、それを読み解く糸口が突飛で且つ整合性も無ければ誰も信じないどころか他の記事も信頼感に欠けて来るでしょう。
    我が「日本」の国名を関したブログとしては非常に残念です。

    以上、不躾ではありますが、多少米国の事を知っている一個人の率直な感想でした。
    日本でも発言の自由は認められていますので、これからもこちらのご発展をお祈りいたしますが、情報源にはもう少し留意しても宜しいかと存じます。

    追記:
    「ピラミッドに一つ眼」の記述だけで終わっていらしたら、私も面白く読ませて戴いたかも知れません。

  • hoe より:

    MMR読んでるみたいで面白かったよ。

  • f00 より:

    単に都市伝説を紹介したたけだとしても矛盾に気がつかないとかアホすぎ

  • f00 より:

    濁点が抜けた投稿してる俺もアホすぎ

  • あんなる より:

    ヒトラーだってユダヤ系やし同じ民族どうし迫害しあうことが絶対ないとは言いきれないでしょ。
    自論に有利に事を運びすぎにしても、私は面白く読ませていただきました。

  • 根保孝栄・石塚邦男 より:

    マルボローがkkkか・・・
    そう言われれば、なるほど、そうも見えるというものですが、ちょっと、こじつけのユーモアかギャグみたいな・・

    だめですかね、そのような安易な考えは・・。

  • 五月水菜 より:

    この話日本史の先生が話してた。
    信じるけどいいのか…

  • シン より:

    面白いけど、事実から飛躍した推測の簡単な根拠かリンクが欲しいところ。それがないといつまでも世間から陰謀論と笑われるだけですよね。事実と推測をしっかりわけないと。真剣に陰謀の真偽を知りたいが故の希望です。

  • to より:

    ロスチャイルドは無宗教ではないでしょうか

  • とみりん より:

    カエサルの人望は半端なかったよ、冷酷なんてどこからでたの?
    来た、見た、勝ったがマルボロに書かれてるって聞いてここに行き着いたけど、肝心のそこが出鱈目な情報だったので座布団没収~ん

  • より:

    こじつけすぎて草。
    だそうです~とか証拠のない伝聞推定で書くなよ。
    アクセス数稼ぎの妄想記事はNG。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です