NASS社の人工知能による全世界の徹底監視

平民です!

●危険すぎるのでこのサイトは訪れない方が良いでしょう。
(一度このサイトを訪れたら人工知能さんに追尾されます)
http://www.nasscorp.com/

●NASSは、New Age Security Solutions
ニューエイジ・セキュリティ・ソリューションズ社の略です。

新しい時代のセキュリティを解決する会社という名前です。

●この会社は元々は、イスラエルのベングリオン空港のセキュリティを担当していた会社でした。

で、この会社のサイトを読めば分かると思いますが、911直後、NASSはボストンのローガン国際空港で初めてのセキュリティソリューションを立ち上げ成功したとあります。

それが認められて各空港のセキュリティを担当しているとあります。

元々はNASSは、イスラエルの空港の警備会社だったので、イスラエルの諜報組織モサドのメンバーが作ったと言って良いでしょう。

9.11はイスラエルモサドが主犯なのですから、9.11以降、警察および空港、そして各官公庁のシステムまでNASSが支配するためにやったと見ることもできます。

もう空港だとか警察だとか。

全米の主要なシステムはほとんどNASSのシステムを使ってます。

●全米各地の空港。サンフランシスコ空港、ボストン空港、アメリカだけでなく、アテネ空港、ロンドン・ヒースロー空港等のシステム。

そして、各種ポリス。

ニューヨーク市警、サンフランシスコ市警、各官公庁のシステムはNASSのシステムを使っています。

この会社は既に空港業務、警察だけでなく、各国の官庁のコンピューター・ネットワークの監視をしてます。

米国民のクレジットカード情報等々、そして各国の空港警備、警察システム。

オランダ司法省などもこのシステムが入ってます。

これらは、この名前の知られてないNASSという会社が受け持ってるのです。

●全世界的に金融崩壊が起きる。

貿易もストップになる。

空港が閉鎖になる。

警察組織もストップする。

残るのはなんでしょうか。

コンピュータネットワーク(人工知能)です。

つまりすべてをこのNASSが支配することになります。

そしてこの社会は、最終的にはひとりひとりに割り振られたナンバーがないと売ったり買ったりできなくなる。

チップを埋め込んで人工知能が全てを管理する社会。

まさにスカイネットが支配するターミネーターそのまんまの社会が到来する。

日本のマイナンバー制度もこのNASSに接続されるのです。

やつらがずっとやりたかったことはこれです。

それが、いよいよ実現する。

聖書でいうところの7つの頭と10本の角を持つ獣(THE BEAST)=人工知能ネットワーク。

色々調べれば、金融崩壊等々はそのために起こすのだと分かるでしょう。

平民