ロシアの高電圧発生装置の画像集

軍事目的で作られたロシアの研究施設。

モスクワから50キロ離れた森の中にあるらしいです。

錆びたこれらの塔は、屋外型の高電圧発生装置とみられます。

驚くべきことに、この施設はまだ使用しているらしいのです。

そびえ立つ発電塔の高さは43メートル、最大出力電圧は9メガボルトの放電が可能とか?

この施設は1970年代後半に建設され、HAARP同様、ニコラ·テスラの研究に基づいてい作られているそうです。

電離層の研究プロジェクトとして作られたもので、これは気候にも影響を与えるばかりか地震も引き起こすそうです。

image119 image121 image120 image118 image123

夜、暗い森に強力な稲妻が走るそうです。

image122 image124

image133 

image132 image131 image130 image129 image127 image126 image128 image125

以下の画像は、研究室で実験を行うテスラ。

image134

1901年、JP・モルガンの資金援助により、ロングアイランド、ショアハムに
高さ57mの無線送信塔 「ウォーデンクリフ・タワー」を建設。

image136 image135

以下の画像が、アラスカにある米軍の秘密兵器「HAARP(ハープ)」。

image140 image139 image138 image137

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Loading Facebook Comments ...