前にも言いましたが、日本がTPPに加盟することは非常に危険です。

しかし、日本はTPPに加盟しても良いと思います。

なんか、よく言っていることがわかりませんよね(笑)

これは、どういう意味でしょうか?

TPPに加盟するのは良いのですが、
最後まで米国をじらせということです。

実は米国は、日本がTPPに加盟しないと非常に困るのです。

なぜなら、太平洋の環が完成しないからです。

日本が加盟しないと、環ができないので最後のロックがきかないのです。

ロックせずに空いたままだと、中国が入ってくるので、
早く日本を参加させてロックしたいのです。

なのに米国は、「別に日本などTPPに加盟しなくても構わないよ」
といった姿勢を見せています。

日本を参加させたいのは山々なのですが、
それを言ってしまえば外交の世界では弱者になるため敢えて言わないのです。

ここがわかってなければ外交はできません。

だから米国は、「TPPに参加しなければ、世界から取り残されるだけだよ」
といったポーズを示しているだけなのです。

実は米国にも日本がTPPに加盟することに反対している企業がたくさんあるのです。

特に米国の自動車業界においては、
日本がTPPに参加すれば高性能な日本の自動車が安く入るようになるから困るのです。

これらを見てもわかるように、
米国といっても一致団結した一枚岩ではないのです。

こうしたことを踏まえて考えてみると、
できるだけ、じらして、じらして、じらしまくり、
日本の株を上げることが可能なのです。

また、じらすだけじらして、最後には参加しないという手もあります。

他には、TPPだけでなく、もう一つの経済共栄圏を作る方法もあります。

実は中国は、そのもう一つの経済圏を作ることを考えいていることをご存知でしょうか?

中国、韓国、日本など、アジアだけの共栄圏を中国は作ろうとしているのです。

そして、その共栄圏の要にも日本があるのです。

そうです!日本はTPPとアジア共栄圏の両方の外交・・・
すなわち「二元外交」を行うことが可能なのです。

両方に参加する、あるいは両方に参加表明だけして、
最後には参加しない・・・という方法もあり、
いずれにしても日本は主導権をにぎれるのです。

日本政府の意思一つで、日本は大きく変わることが可能なのです。

こんな最高のポジションと時期は他にはありません。

こんなチャンスは2度とないかもしれないのです。

なのに野田首相は、米国にペコペコして簡単に加盟しようとしています。

もし、小沢氏が総理大臣なら、絶対にこんなチャンスは逃さないでしょう。

小沢一郎

小沢一郎

彼は中国にも太いパイプを持っていますし、
彼なら「TPPに参加して上げても良いですよ・・・その代わりに中国との共栄圏も作りますよ」
と米国に対して言うでしょうね?

そんなことになれば、米国は困るので、なんとかやめさせようとします。

そうなれば日本の勝ちです。

当然、米国は「それだけはやめてくれ」と日本に言います。

すると日本は「では米国様は日本に何を差し出すんですか?」
と、米国に対して言えるのです。

こういったことをハッキリと言えるのが「外交」なのです。

こんな外交ができれば米国も中国も日本を恐れるようになります。

その結果、日本に対して無理難題を言わなくなるのです。

何でもかんでもペコペコと米国や中国の言いなりになるのが外交ではありません。

日本国家、そして日本国民のためにならないことに対しては、
ハッキリと「NO!」を突きつけるのが本当の政治であり外交なのです。

TPPに参加しなきゃダメだ・・・と
参加表明しているお馬鹿な政治家に国政は任せられません。

これでわかったと思いますが、TPPは日本最大のチャンスなのです。

これを生かさなければ、日本の政治は完全に終わりです。

小沢氏が支配権を握れば、こうしたチャンスを逃すことはないでしょう。

しかし、ご存じのとおり日本国民は相変わらず
マスメディアに誘導され「小沢はロクな野郎じゃない」と踊らされています。

こうした状況が続くようでは、日本の未来に希望など持てません。

日本人は、もっと目を見開いて目を覚ますべきです。