ゴールドが眠る日本

日本は黄金の国です。

実は日本には金鉱床が沢山あります。

日本という国は、世界で一番プレートが潜り込んでいる場所です。

北アメリカプレート、フィリピン海プレート、ユーラシアプレート、
太平洋プレートなど…他にもマイクロプレートや断層がたくさんある国です。

こういう国は世界広しと日本だけです。

image090

 

新潟県西部に位置する佐渡島は金山で有名です。

image091 image092

この佐渡島は、二つの島が衝突してできた島です。

だから多くの金(ゴールド)が出るのです。

大昔、東日本と西日本は衝突しました。

そして盛り上がったのが日本アルプスです。

この時、フォッサマグナもできました。

だから日本の地下には膨大な金が眠っていても当然です。

日本には国立公園や国定公園が山ほどあります。

日本の国立公園

日本の国定公園

実は、こうした公園の下には金が眠っています。

それは恐らく、時価数千兆円にもなるでしょう。

金は国立公園、国定公園で封印されているだけなのです。

こうした金を掘り起こせば、日本が落ちても復活することができます。

ただ、一気に掘り起こすと金の値段が暴落するので、
少しずつ、うまい具合に掘り起こすことになるでしょう。

ただし、日本が最後まで落ちなければ、
こうした金も掘り起こされることはないでしょうね。

日本政府は国内の地下に金が眠っていることを知っているのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Loading Facebook Comments ...