この記事は熊本地震以前に書いたもので、すでに商品が無くなっていたり
価格の変動も多々あります。

こんにちはZEKEです。

今回は「富士山噴火」についてです。  (申し訳ないですが東京都を中心に書きました)。

学者がよく火山噴火と地震は連動していると言いますね。

どちらが先に起こるのか未来の事は解りません。 でも、もし同時期に起こったら、

と考えただけでもゾっとしますね。普通、起こる時期は、ずれてはいますが

しかし、この先、何が起こるか・・・。

富士山が噴火し始めると、まず、窓がガタガタ揺れます。これは空振(くうしん)と呼ばれる現象で、

富士山が噴火したエネルギーの影響です。 東京まで届くらしいです。

宝永噴火と同じ規模の噴火が起きた場合、高度2万mまで真っ直ぐ立ち昇った噴煙は偏西風に乗って

わずか2時間で首都東京に到達するといいます。 風速によっては1時間~3時間とズレが出ます。

 

東京から千葉一帯には2~10cm程度灰が降る可能性があると指摘されています。

2004年の内閣府発表のハザードマップでは、東京やディズニーランドは、

2cm~10cmほどの降灰量が想定されており、そうなると数日間外出もできなくなります。

富士ハザードマップ   こちら  最後から2ページ目の23区内の降灰率をご覧下さい。

火山灰が0.5~1センチしかない所もありますね。

富士サイトマップは、   こちら 

 

降灰率を見れば、安全区域が把握できると思います。

この辺りにお住まいの方は他の区域と比べると、かなり降灰は少ないと思われます。

と言っても、あくまで「予測」ですので車の運転は危険ですし、外で洗濯物も干せません。

しかし火山灰が体内に入り込む「ガラス粒子」の危険性は、かなり軽減できると思います。

外出時の保護サングラスやゴーグル、N95マスクの着用は絶対条件です。

 

首都圏の交通機関は完全にマヒし、飛行機も火山灰に弱いために完全ストップ。

携帯電話は、中継システムが火山灰の影響で停止する恐れがあり、

そうなると災害時の連絡方法にも影響が出てしまうでしょう。

 

水道は、水源地に降り注ぐ火山灰の影響で濾過フィルターが詰まり、

給水停止になる可能性があります。

内閣府は、200万人前後が水道を利用できない事態を想定しています。

また内閣府です。1300万人も住んでいるのに、こんなに少ないはずがありません。

宝永大噴火では上空20キロメートル以上まで噴煙があがったといわれています。

当然、周辺は航空機が飛べなくなります。着陸もできないので、

帰国中だったら他の空港に向かいますから混乱に拍車をかけます。

1年間の利用客数は「羽田」は7、423万人。 「成田」は3,267万人です。

この半分が帰国便や日本が目的地だとしたら・・・・・。

 

記憶に新しい2010年4月、アイスランドにある、エイヤフィヤトラヨークトル山の

噴火では、欧州約30か国の空港が一時閉鎖、1週間に10万便の航空機が運休しました。

 

火山灰は細かく、融点の低いガラス質の成分を含みます。 操縦席の窓ガラスが傷ついて

前方の視野が奪われます。また、火山灰がエンジンの燃焼室に吸い込まれると溶けてタービンの

羽根などに付着して固まったり、エンジンのタービンを冷やす冷却孔が塞がれたりして、

エンジンが故障します。 その先は・・・。

 

さらに、航空機と同じことが「地上」でも起こる可能性があります。

東京湾周辺にある火力発電所。

ガスタービン式の火力発電は、外からの空気を取り込んで燃料を燃やして発電してます。

航空機と同じ原理で、取り込んだ空気に火山灰が混ざっていると

タービン内に灰が入り込んで故障します。

原子力発電がすべて止まっている現状で火力発電が停止すれば、

エネルギーを供給する手段がほぼなくなります。

 

発電所が止まらないまでも、水分を含んだ火山灰は電気を通してしまうので、

送電線に降灰すれば高圧線漏電して停電を引き起こします。

また、火山灰の重みで送電線が切れる場合もあります。

実際に、桜島の噴火ではわずかな降灰で停電が起こっています。

 

首都圏に大停電が起これば、企業のコンピューターや銀行のATMも止まります。

火山灰がパソコンやテレビ、カメラなどの中にまで入り込んで、

修理ができないような故障を引き起こす可能性もあります。

 

電車の車輪とレールの間に灰が5mm程度以上挟まると電流が流れず電車は止まります。

線路に灰が積もった場合、灰が車輪とレールの絶縁体となり、

これに由来する信号システム・踏切などが動作しない可能性があります。

 

また屋外設置機器に電子機器を大量に使用しているから、降灰による故障で運行制御システムが

麻痺する可能性があります。微量の降灰があった段階で鉄道は運行停止となります。

地下鉄は吸排気口を通じて外部からの空気を取り込みますが、構内にも火山灰が入ってきた場合、

電車が動かなくなることが考えられます。

 

火山灰は雪よりも重く、水に濡れて固まったり、スリップの原因になるので、

道路に数cm積もるだけで、車が走れなくなってしまいます。

舞いあがった火山灰は自動車の吸気口から吸い込まれ、エンジンのフィルターを詰まらせます。

この結果、道路の上には走行不能となった多数の自動車が、立ち往生します。

 

「火山灰は人体にとって有害です」。

火山灰は非常に小さなガラス片が大量に含まれています。

目に入ると、角膜を傷つけて炎症を起こします。

コンタクトレンズを使っている方は必ず外してください。

気管支ぜんそくなど呼吸器に持病がある方は、特に注意が必要です。

火山灰には亜硫酸ガスや硫化水素、フッ化水素などの有害物質が付着しています。

火山灰を吸い込むと、ぜんそくの発作が起きる危険性があります。

 

火山灰も長いあいだ肺に吸い込むと、肺の機能が低下する恐れがあり、

このため火山灰が舞っている屋外に出るときには、必ず防塵マスクを着用する必要があります。 

3層マスクや粉塵マスク、N95マスクとサングラス、

(最悪ゴーグルまでもが必要になるかもです)。

火山灰には硫黄が含まれているので、水田や畑に1センチでも降灰したら耕作不可能になります。

 

富士山噴火のTVニュースは速報で流されるはずです。 当然ラジオでも流します。

街頭テレビでも皆が知る事になるでしょう。 号外が出た時にはもう遅いですが。

少なくとも15~20分以内に情報が伝わるでしょう。

噴火が2時間で東京に舞い降りる事さえ知っていれば、どういう行動をとれば良いのか。

おのずと判断できます。

上段の「富士ハザードマップ」に従い、文京区から東西に横線を引いて同等の「緯度」まで、

避難できるか否かです。 埼玉県近くまで行ければ火山灰は0センチとなっています。

 

しかし、これを知っているのと知らないのでは、生活(生存)に格段の差がでます。

何処が火山灰降灰が少ないまでは、あまり知らないはずです。

昼でも夜でも、人々は焦りますが車が通行出来ない程の交通渋滞は暫くは起こらないでしょう。

直ぐに埼玉方面に避難と考える人が少ないでしょうから。

その間に車で移動も出来ますし、カーナビも生きていますから、

渋滞を避けて安全地帯に向かうことも可能です

 

しかし、家族が仕事等で離れている場合はどうするか。

まだ、この時は携帯が繋がりますから、累犯に連絡を取り合いお互いの情報を知らせあう。

御主人は会社でも、奥さんが専業主婦で車を持っているなら、用意してある物資を積んで、

決めてある場所で落ちあう。 車が1台の場合は直ぐに詰めるように玄関まで出しておく。

共働きで尚、お子さんが幼稚園に通っている場合は、どちらか近い方が、お子さんを向かいに行く。

 

あまり大きなモール等で落ちあうのはNGです。探すのに無駄な時間がかかります。

グーグルマップで場所を決めてカーナビに、設定しておきましょう。

 

目指す場所に、親戚やお知り合いの方が居るのなら、眠る場所には困らないでしょう。

あてが無いならば役所に示談して避難所を提供させてもらう。

安全圏にでたら、(出る途中でも)スーパー、コンビニ、あらゆる所で水と食糧を調達する。

時間との勝負ですが、3時間も経てば、何も売ってないかも知れません。

最近のコンビニも「トヨタ方式」なので、在庫をあまり置いてありません。

なので、いたる所で買い物をするしかありません。

それに事態を知ったコンビニが自体が、営業しているかも問題となります。

己を優先してシャッターを下ろしてしまうかもしれません。

そんなことは、ないとは言い切れません。

311の時も、いろいろ事件は起きています。報道しないだけです。

 

水、食糧も当然ですが、お子さんの着替えや女性の下着、生理用品は必要不可欠です。

降灰が少ないといっても、あくまで「内閣府の想定」ですから完全に0%と決まっている訳でも

ありません。 降灰があれば、あるいは遭遇すればマスクも直ぐに、

汚れて詰まってしまい息も出来ないくらいになるので、多めに用意しておく事。 

また風呂はいつ入れるか解らない状態になります。100均でアルコール配合の

「身体拭き」と「おしり拭き」、タオル、ハンカチ(バンダナも可)ティッシュ類は沢山必要です。

ティッシュの代わりにトイレットペーパーにしたほうが量が多いかも。どのみち必要ですし。

車のフロントガラスに灰が溜まったら、ウオッシャー液がどれだけあっても足りません。

水が無いのにワイパーを動かすと、ワイパーは直ぐにボロボロになります。

 

残念ながら安全地帯まで行き着く事が出来ない地域の方は、仕事は即、

中断して買い物に走りましょう。  何か「言い訳」を考えておくのが宜しいですね。

その為には、財布には現金が必要です。数時間後にはATMも使用不能になるおそれもあります。

カードも「照会の通信」が出来なかったら、使用できません。

両替機が無ければ、1万円札はパチンコ屋で両替。 

最初で買う店で更に細かく両替してもらう。

311の避難民に、あの時に何が必要だったか?と聞いた番組で言っていた事は、

まずは現金、ガムテープetc・・・ 次回に調べておきます。

 

家中の灰の侵入を防ぐ目張り。

 

家の窓には全てガムテープで目張りをします。 台所の換気扇からも侵入してきますから

ゴミ袋やビニール袋で囲ってしまいます。とにかく、空気の入り込む所は全て密閉します。

灰がどれだけ積もっているかを確認できるゴミビニール袋が良いです。

灰の重さで落下を防ぐ為にビニール袋を2重にして張りますが、量的にもう危険と判断したら

垂れ下がった真下に新たなビニール袋を被せ仮止め、灰の所を包丁等で切り込みます。

この場合、ビニール袋の両端を1回、結んで丸くしておくと、手で押えやすいです。

 

直ぐに次のビニール袋を張りつけます。最初のビニール袋は中に押し込んで下さい。

落下してきた灰は開けた穴をテープで塞ぎ、縛ってもう1枚使い密閉状態に。

他の部屋えの灰の侵入を抑えるために、部屋のドアは閉めた状態下で行う。

降灰のない時に外に出します。

でも、レンジフード換気扇にはフィルターも付いていますし、煙排気口には雨が入らない為に

工夫してありますし、煙突みたいに直角ではないので、

思うほど侵入しませんから心配する事はありません。 

書いたのは、こんな場合も想定しなければと念の為です。

何でも知識をもっていれば、役にたつ事を知ってほしいのです。

 

何日間も降灰が続くと、灰は積もるだけではなく、風で舞い上がってます。

絶対に灰(細かいガラス片)を吸いこんだらいけません。

家中にずっと居ると息が苦しくなりますが、寒気の際には充分に気をつけて。

 

台所のレンジフードとは別に、「壁等」に別の換気扇があるなら、ビニール袋で、

しっかりと密閉します。  ラップの芯や、あるいは新聞紙を巻いて、

ップで1回ほど巻いて、通風パイプを作ります。

3層マスクを外側に被せテープで固定。 密封したビニール袋に穴を開け、

通風パイプを通します。 穴の周囲も密閉する事を忘れないように。

内側のマスクは1層のほうが、空気を吸いやすいでしょう。

 

またパイプを縦に2個使い、外側部分に3層、繋ぎの真ん中部分に1層マスクを当て、

ラップでしっかりと巻きます。

簡単な工夫をすれば自在に曲げる事も出来ます。

3層マスクが無かったら、普通のマスクを重ねても良いです。

あんまり、安いマスクは駄目ですが、薬局で売ってる物なら信頼できます。

 

台所にある漏斗の穴を少しカットして大きくします。

空気を吸いやすくする為ですが、パイプの内径以内にする事。

カットして合わせた部分から差し込み、またラップやテープでも巻きます。

大きい漏斗なら、鼻からも空気を吸い込むことも可能になります。

まぁ、面倒なら、そのまま吸っても良いでしょう。

ある程度は装着したままでも、良いかもししれません。

でも、マスクが詰まると空気も入ってきませんから、細目にチェックして下さい。

見やすい場所、2階とか他の部屋から見てチェックします。

 

外部からの交換は降灰が止まっている時をえらんで、

マスク、眼鏡、帽子、傘(必要なら)、使い捨て手袋を忘れずに手早く行なう事。

外に出れない時は、小さ目のビニールをハサミでパイプより、やや大き目の穴を開け、

パイプの手前から反対側までずらして、テープで仮止め。

パイプをそっと引っ張り、抜く瞬間に1人が穴を塞ぐ仮のビニールを張りつけます。

もう1人は素早く汚れたマスクをビニールで絞り、カッターで固定テープを切り取ります。

外部に出ていた部分は使い捨てのアルコールティッシュ等で、ふき取りマスクを交換。

ビニール等はスーパーの袋や、食品を包むアイラップで充分です。

サイズに応じてカットして下さい。

 

壁に設置した換気扇が無い場合は、できるだけ、小さな窓をラップ巻きの通風パイプが

通るだけの隙間を開け、開いた所は厳重に密封してください。

窓を開ける前に、予めビニール袋を大きくたゆませて、周りを仮止め。

その中にパイプを入れ適当に、ゴミ袋をカッターで切れば大きなサイズになります。

ビニール袋の外から作業を行えば、あとは、たゆんだ所を修正すれば良いだけです。

通風パイプは、あまり低い所に設置すると、積もった火山灰を吸うことになりますから、

ある程度の高さに。それに吸いにくいですよね。 

 

トイレは使えなくなるので、専用の部屋を決めて行なう。紙に「使用中」と書き、

押しピンで他の方に解るようにする。 鍵がかかる部屋ならベストです。

消臭剤は沢山、購入しておいて下さい。

「3層マスク」。

3層マスクは薬局で20枚で500円位で販売してる所もあります。

市販のインフルエンザ用でも良いですね。

粉塵用マスク,N95マスクは外出用に必要です。  

洗濯物は室内で乾かすしかありません。 日光がよく当たる部屋で行います。

 

しかし、ご安心下さい。

今更、書くのも遅いと怒られそうですが、鹿児島県の方々は、実はあまり気にかけていません。

何故なら、年に20回前後も噴火している中で生活しているからです。

平成13年は30回を超えました。流石に大噴火だけはニュースで流れますが。

 

今時の窓は「はめ込み」かサッシでも隙間なく閉まりますし、隙間部分だけ補強すれば良いのです。

桜島が噴火しても、業務が全て停止にはなってはいませんし、パソコンが壊れたという話しは、

聞いたことがありません。 

業務が出来るって事は降灰の対策がしっかりとしていると言う事でしょうか。

外出の際も「眼鏡」は良いそうですが、「コンタクト」は駄目らしいです。

外出の際に必ず行なう事は、「傘をさす、マスクを着ける、帽子を被る、上着を着る」。

ゴーグルまで着用している人は見かけないようです。(笑)。

ベランダはビニールテントにしてある家庭も多いそうです。(洗濯物を乾かす為)。 

 

なんだか、驚かしては安心させてと、大変に恐縮なんですが、書いてきたことを、

知識として生かせられるようにして下さい。

やはり、桜島と富士山では噴火の度合いが違うと思合われるのです。

降灰も多く長期間続き、東京ではゴーグルも必要かもしれません。

東京都は対策が遅れている分だけ、人々はパニックになるでしょう。

そんな、あらゆる災害に対しての最低の準備は、もう直ぐにでも始めなければいけません。

 

避難セットを買うも良しです。買うなとは言いません。避難1週間分とかありますが、

ワンセット1~3万円はします。それも普通は「一人分」しか入っていませんから。

4人家族分を揃えると、かなりお金がかかります。

自分で厳選した物を揃えるのと、どちらが、お得でしょうか。

新たに、こんな商品もありました。これは家族3人分用でバッグも3個、色も選べます。

こちら   25800円 送料別    こちら    25800円 送料別

こちら   31800円 送料別  いつの間にか送料別になってます。あくどいですね

でも、どれも全く水が足らない、ガスコンロも無い、怪我対策も落第点です。

コンロは「Sビット」コピー商品と固形燃料を買えば、充分と思いますが、

(正規Sビットの固形燃料は有害ガスが出ます。 購入しない事)。

これらの良い点はバッグが3つもあるくらいで、全てが中途半端に入っています。

時に医療品は問題外です。

最近、相当売れているのですね。3月15日まで入荷待ちです。

私の「記事」のせいだったりして。  ま、それはないか(笑)。

 

リュックのサイズですが、買い足し商品が収まるかどうか?

無理なら大型「カート」を1つ買って水等の重い物は、そちらに入れるとかですね。

絶対に(布製)が良いです。名前シールは会社のテプラーで作っちゃいましょう。

あ、ライト類はまた全く足りてません。 一人に一つと予備電池は絶対に必要です。

防寒も、これでは秋冬は、かなり寒さを我慢しないとなりませんね。

私のお勧めしたポケットがいっぱい着いてるバッグも売り切れみたいです。

45㍑で こちら ならどうでしょうか。

あとは「ミリタリーリュックサック」で検索すると、良い物が結構あります。

ただレプリカで裁縫は中国と思われるので、「ほつれ」や「チャック」の噛み具合を

チェックして不良品は即、返品しないとダメです。

で、これを忘れないで。  こちら  これは大変重宝しますよ。

家族分、あっても良い位です。

同じ商品でも価格がのもありましたから、購入なさるなら、お早めに。

これも、値上がりしてます(怒)。

 

1つの提案として、家族分から一人分減らしたセットを購入、一つはMリュックにします。

以前にも書いたようにウェビングがいっぱい着いているのが望ましいです。

これなら買い足しても収まるでしょう。 でも、やはりカートは必要と思いますが。

ベルトに装着する便利ポーチもいろいろあります。

次回に紹介します。

未成年の方や、あまりお金をかけられない方は本当に厳選して選び、

あとは100均を多用する事。

YouTubeでアウトドアの動画を沢山見て、知識を得る事。

尚、備蓄分はまた別ですので、それも忘れないように。

 

次回は、雑学的な事も含めて、便利な商品の紹介をしてみようと思います。

                  BY  ZEKE