ZEKEのサバイバル講座17

この記事は熊本地震以前に書いたもので、すでに商品が無くなっていたり
価格の変動も多々あります。

こんにちは ZEKEです。

 

今回は「未成年」の方を対象にして物資の揃え方についてです。

アカデミー会員様や読者様には「未成年」の方も多くいらっしゃいます。

いろんな方がおられると思います。

バイトしてる方、学生の方、バイト出来る年齢ではない方。

 

バイトしてる方は、賃金が発生しますから、少しずつでも、

物資を揃えることも出来ますが、そうでない環境の方は、

揃えたくても現実的に難しい。 そんな方も多いと思います。

実際の話し「世界の裏」に対して「肯定的」な親御さんは

少ないのではないかと、思います。

 

興味のない方にとっては全く「荒唐無稽」な内容ですから。

TVニュースとNHKや新聞という媒体のみが正しい報道をしていると、

未だ、信じて疑わない親御さんも多いはずです。

 

これからの日本は受難の時を迎えます。

 

サバゲーをやってる方は、迷彩パンツは勿論、各種ポーチもお持ちでしょう。

装備品等は揃ってますね。  でも、そんな方は、極少数ですよね。

 

それで、お小遣いの範囲でも揃えられる方法がないかと模索していました。

リュックサックや数々のアウトドア商品は便利ですが、一様に高価です。

ですがリュックなどは家にある大き目のバッグでも、

通学用の物でも何でも、とにかく物資が収まれば、それで良い訳なんです。

バッグは必ず「たすき掛け」出来るようにして、両手を自由にする事が大切です。

 

アウトドア商品もコストダウンを考え、あとは100均を多用して揃えます。

前回の講座で動画にあったように、紙コップでも「湯」は沸かせるのです。

あの熱源はガスでしたが、「Sビット」1つあれば燃料は、それこそ

牛乳パックでも、そのあたりの小枝でも良いのです。

牛乳パックは友人にも頼んで集めておきましょう。

白いコーティングのみ使えます。 勿論、洗っておかないとだめですよ。

「Sビット」本体はコピー商品でamazonで440円ですが、

別途送料はかかります。それでも1000円以内で購入できます。

 

コンパクトカセットコンロは確かに火力はありますが、

カセットガスが切れたら「無用の長物」です。

この商品は4000円程度します。この4000円を他に使います。

 

カセットガス1つとガス数本購入するなら、Sビットと固形燃料が買えます。

熱源は「Sビット」1本に絞りましょう。送料で1000円かかるなら、

本物でも価格差に大差ありませんね。

本物は送料無料で954円です。  こちら

ただ、付いてくる固形燃料は物凄い「煤」が出ますので、

調理には不可。 焚火の種火くらいしか使い道はありません。

 

Sビットは必ずアルミホイルに包んで使用しないと、真っ黒になっていきます。

燃料はアルコール(メタノール)30gの固形燃料を使用。

保存の方法は下の動画参照。

私はこの方法で100均のプラスティック容器に、少々変形しても構わないので、

無理やり12回分を押し込んでリュックに詰めてあります。

残りの分は取り出した切り口を、ガムテープで密封して仕舞ってあります。

冷暗所として家の駐車場の棚に置いています。

 

もし家に居て、ガスも止まってカセットガスも使い切って、

Sビットで炊飯する場合は1合なら30g。

2号なら倍量を使えば良いですし、余ったら、次回に使えば宜しいです。

足らないなぁと思えば、新たに加えれば良いだけです。

 

大きな地震が来たら、まず火の元を止める。そして水の確保。

100均の給水袋は、溜める水の量的にも、とても役にたつのです。

2人以上居たら同時に出来ますよね。水さえ有れば鍋で炊飯など簡単です。

普通の鍋でもアルミ鍋でも出来ます。 蒸らし用にフタは要りますが。

鍋で炊飯

野外でSビットを使う時の、風避けもその辺の物で代用します。

ようは炎が鍋底にちゃんと当たるように調整すれば良いでけです。

余裕があれば、ウィンドウスクリーンを購入すれば良いでしょう。 こちら

 

避難先では「お米」を洗うのに貴重な水を沢山使うのはどうかと思うので、

緊急避難用の米は熱湯を入れるだけのアルファ米にします。 こちら

「チキンライス」を試食しましたが、少し薄味でしたが結構美味しかったです。

100均にもある「味付塩胡椒」を少々加えたら美味しくなりました。

「あんしんの防災館」はアルファ米と他の食品と一緒に購入すれば送料が無料

になると書いてありましたが。

送料は、なるべく無料にしないと結構な金額になってしまいます。

缶詰のパンは止めたほうが良いとか。 美味しくないそうです。

 

では無洗米ならどうか?「お米」は冷蔵庫以外の保存では夏場で1か月、

冬場で2か月しか持ちません。故に長期保存がきかないので

避難バッグには不向きです。

普段から家では無洗米を使っていて、避難に時間的余裕があるなら、

ビニール袋に入れて持ち出し、炊飯は出来ますが、後の片づけが大変です。

 

バイトが出来ない年齢の方は、少々お金のかかる物は親御さんに

お願いするしかありませんが、世間でも備蓄を呼びかけていますから、

ご理解はあるでしょう。

 

置き場所は必ず2階に。何故、直ぐに避難しないといけないのに、

2階に置くのかと言いますと、木造家屋は地震が来たら1階から

崩壊していくからです。 311の時もそうでした。

 

マンション等は耐震や住まいの高さにより異なりますが、

直ぐに持ち出せる所で押しつぶされる心配の無い場所に。

 

アルミブランケットもアルミ寝袋も100均にあります

アルミ寝袋の欠点は自分の発汗も逃がさないので、そのうち暑苦しくなって

寝れない場合があるという事です。汗で身体もベタベタになります。

かといって穴をあけたら最後。アルミですからどんどん裂けてしまいます。

そんな時は上半身の部分だけでも被らないくらいしかないですね。

最初からアルミブランケットを2枚使用した方が良いかもしれません。

 

最近の100均は殆ど何でも揃います。アイディアと使い方次第なんです。

大手の「ダイソー」だけでなく、他の100均を見て回って下さい。

大手には売ってない、便利グッズが沢山見つかります。

コッヘルの代用に100均のアルミ鍋を2個購入。

湯を沸かす大小のアルミ鍋。大でレトルト食品の湯煎も出来ます。

ステンレスのスプーン、ナイフ、フォークetc

プラ製のコップ(5個入りとか)。

ナイフの代わりに「包丁」を2本。フルーツ包丁と少し細見の包丁を。

曲がる「まな板」もありますが、実際には使うかどうか?です。

フライパンは鋳物なので重いからパス。それに材料も要りますからね。

とにかく種類が多すぎて書ききれないです。

100均で買ってはいけない商品の動画がありました。

https://www.youtube.com/watch?v=8IIM_OFCsSc

もし、アルミ鍋に直に食糧を入れる場合は必ずサランラップを敷いて下さい。

鍋を洗わなくて良いですから。

ただ、動画にも出てたように100均でラップと絆創膏、マスクはパスですよ。

マスクは3層であれば、かなり有効です。

使い捨ての紙皿は熱い物を入れたら持てませんし、意外に役にたちません。

 

割り箸はなるべくなら燃料に使う事です。後述しますが、とても有害な物になっています。

出来るだけステンレスのセットか「先割れスプーン」を使い、消毒して使い回します。

消毒用のウィルスカットも購入して下さい。小で100円、大で200円です。

類似商品でもエタノール配合ならOKです。 スリムタイプが良いですね。

 

今日、私は100均を見て回ってきました。

そこで感じたのは結構、使える物が多い事。

反対に不要な物も、いっぱいある事です。

上記の動画参照。YouTubeで見ればサムネイルにいろいろ動画があります。

だから、つい要らない物も買ってしまうんですね。

 

前回にリンクを貼ったボトルホルダーもベルト通しタイプですが、

いろんな種類が有りました

 

最初に書いたように避難の際の必要物資は100均で充分に揃えられます。

腰に装着したりする、何でも直ぐに入れられる「巾着」も、

100均ので充分です。 雨対策用にビニール製を購入。

 

「紐」の部分にカラビナを使いベルトに通します。落とさない様にです。あとは「巾着」の、

入り口を締めたらベルトに挟んでかるく縛れば、雨も入りませんし長さも調整出来ます。

ベルトを通す部分は千切れる事を考慮してカラビナはベルトが収まる大きさを。

サイズは縛る部分を考慮すれば30センチくらいの物が良いです。

現場で着けてみて違和感のない物を購入して下さい。

腰の左右に装着すれば、毎回使う物は何でも収まるでしょう。

100均カラビナが沢山あると非常に役立ちます。 大きさの違うのを合計10個程度。

細いロープはガイロープと言って100均で太さ3~6ミリ、

長さ20~30メートルくらいのが売ってます。

勿論、ブルーシート(レジャーシート)もあります。

 

懐中電灯は「ミニホルダー系」が1個。リュックの中を照らすのに便利です。

コイン電池ですから「使い捨て」にします。 2~3個あっても宜しいかと。

LEDが3個程度、並んでいる手のひらサイズが1個。普段使いも出来ます。

通常使用には、少し大き目のが1個。 電灯類は全てLEDにします。

明るさは残念ながら100均の域を出ませんが。 

 

電源は全て電池利用ですから、単3電池が1番使う電池なので5~6個パックを購入。

30本以上は必要です。単4電池は使用する物がどれくらい有るかで決めます。

必ずアルカリ電池にする事。

 

ラジオはホームセンターでも良いし、amazonで1000円ちょっとのを。

こちら   こちら

いろんなのがありますが、財布と相談して下さい。AM:FM両方聞ける物を購入。

 

下着類はジップロックや、手で圧縮できる袋に別々に入れます。

また汚れ物を収納する、予備のB5,A4サイズも必要になります。

ジップロックはいろいろ使うので各サイズを購入して下さい。

 

替えの下着は男性はTシャツ1枚、靴下2足、パンツ2枚、これだけで充分ですが、

女性はそうはいきません。 でも最低限に収めて下さい。

生理用品も忘れずに。

洗う為の石鹸も要りますね。やはりコンパクトで万能な石鹸が1番です。

石鹸は品質の良いのを購入したほうが宜しいでしょう。

 

普段から使用しているリュック(バッグ)しか他に無い場合は、揃えた物資や食糧を、

定めた場所に、順番よく並べておきます。全てジップロックに入れておいて下さい。

普段のキャンパスリュック等の中身を取り出し、入れ変える順番も試してみて下さい。 

軽い物は下、重い水等は上ですよ。

リュックサックの底にはビニール袋を1~2枚敷いて下さい。

地面に置いた時に濡れないようにする為です。

シューズも予め中に靴下をセットしておきます。

ビニール袋でもスーパーの袋でも何でも良いですから、包んでおきます。

 

震度7になると重い冷蔵庫でも、いとも簡単に跳ね回ります。

ダンボールに入れておけば散らかり防止になります。下にはビニール袋かゴニ袋を

1枚張りつけておきます。

何か物が引っかかった時に、力ずくではなく滑らせて取り出せるからです。

これは災害時に挟まって動けない人を助ける場合も、隙間にビニールやクッションを、

差し込み、滑らして脱出させるのと同じです。

 

部屋の睡眠場所も近くにタンスや重い物が無い所がベストですが、

ワンルームだと無理がありますね。その場合は何かが倒れてきても、体を

直撃しないように、反対側に高さのあるラック等を置いておきます。

家具の高さも測ってベッドの位置を決めたほうが、より安全ですね。

 

家具を固定したい場合は「突っ張り棒」など、なんの役のも絶ちません。

唯一、効果があるとすれば「L字ステー」で壁に直にネジ止めです。

壁の裏に柱がある場所にネジ止めします。壁の裏がスカスカだと意味がないですよね。

例え「タッピング」を使ってもです。

「先ず体が無事である」。そうでないと避難も、ままなりません。

 

避難用の服はジーンズに夏場でも長袖シャツが1番です。作業服も使えます。

ジャージもなにかと便利ですね。寒い時期は上着も準備しておいて下さい。

軍手は100均のは薄いですが、無いよりかはずっとマシです。

滑り防止にイボ付きの物を購入します。

 

持ちだし食品でNGなのは麺類です。麺類は賞味期限が短く、

鍋を無駄に汚します。 必要なら期限を把握して入れ替えする事です。

まぁ「汁」くらいの汚れなら、アルコールティッシュで拭いて除菌すればOKですが。

ペットボトルは500mlにします。リュックの隙間にも収まり、

専用のカラビナホルダーで腰から下げておけば、必要な時にすぐ飲めます。

ベルトに下げる為にはカラビナをサイズ変えして下さい。

ベルト通しに着けて走ったりすると、いつかは千切れますから。

 

雨対策の100均レインコートは汗で蒸れるので、ポンチョタイプを購入。

水の備蓄用、持ち出し用は100均の3~5㍑の給水袋を準備しておきます。

 

包帯やガーゼ、三角筋、オキシドール等の医療品も100均で購入。

喘息等の持病のある方は薬の予備を用意しておく事が大切です。

薬関係は以前に書いてます。

ルービングキットが役立ちます。爪切りや耳かきが入ってるセットです。

綿棒もジップロックに30本くらいは入れておきましょう。

バンダナや保護メガネも必要です。スモークのサングラスは格好良いですね。

ボディタオルやフェイスタオルも要ります。

やはり、全ては書ききれませんね(笑)。

 

100均を上手く多用し、食糧と水。プラス、キャンパスバッグ等で揃えれば、

全部入れても、3万円以内で揃えることが充分に可能です。

家族の分が増えてもプラス3万円にはなりません。

例えばSビットは1台あれば充分なのですから。

 

喫煙する方は半分に減らして下さい。 飲食は少しだけ控えて下さい。

たった、これだけの事で3万円はすぐに貯まります。

 

小遣いを貰っている方は、節約するしかありませんが、最低限の物は

少しづつでも100均で揃えていきましょう。

正直に親御さんに相談すれば、ご理解して頂だけるかもしれません。

 

割り箸の話しですが現在は99%が中国産です。

中国では粗悪な木材を使い、色をおとすのに漂白剤を多用してます。

逆に色を着けるには、着色剤を多用します。

問題は、これらを全く洗浄しないで日本に輸出しているという事です。

 

これは、澄んだスープに割り箸を入れたら、変色した事から発覚しました。

すごく体に悪いですから、割り箸を使う習慣は止めましょう。

安くてもよいので、自分専用の箸を常に持つことです。

インスタント食品でも「韓国産」「中国産」は食べるのは危険です。

 

話しがそれましたが、とにかく1度は100均を見てまわって、

何が必要か調べておくのが良いですね。無駄買いを避けるためにも。

 

講座の備品の項に書いてある、避難物資の中で、自分や家族には何が必要なのか

しっかりと把握して、食糧や物資を購入して下さい。

   by  ZEKE