こんにちは ZEKEです。

この度の熊本地震における被災者の方々に、心からお見舞い申しあげます。

 

八田氏とのスカイプ連絡で、まだまだ車中泊の方々が多いと聞きました。

現時点では避難所も学校再開に合わせて、清潔な場所を提供されてはいるようですが、

移動は無理、訳があって移動出来ない方も、まだまだいらっしゃると知りました。

 

車中泊を余儀なくされている方々。すでに、ご存じの事とは思いますが、

エコノミー症候群の恐ろしさを、正しい知識をもって下さるよう、

お願い申しあげます。

エコノミー症候群

サバイバル講座6では、阪神淡路大震災に習い、

クラッシュ症候群の事は書きましたが、

まさか、ここまで車中泊を余儀なくされるとは、考えが至らず

ZEKEとしては非常に無念な思いをしております<(_ _)>。

 

すでに「マナチュラ」についてはメールでご存じでしょうが、

八田氏のもとに、大阪の「河合」様が「マナチュラ」を、ご自身で車で届けてくれました。

それを八田氏は被災者の方々に無料で配布しておりました。(ガソリン代等、全て私費です)。

 

もし、読者の方で「マナチュラ」を受け取った方がいらしたら、是非にご使用をお勧めします。

私ZEKEも早速、購入して試したところ、あれほど「片頭痛」に悩んでいたのに、

たった2日で見事に「片頭痛」が消えました。

 

実は飲んで1日目が明けてから、気づいてはいたのですが「プラシボ」(プラセボ)効果では

ないのか。思い込みではないのかと、半信半疑でした。  現在12日目ですが、

「片頭痛」は全く感じていません。 いつも頭痛薬を離せない。通常の倍は飲まないと

効かなかったのが、「マナチュラ」で簡単に改善されました。

勿論、それだけではありませんよ。

 

取説にも書いてありますが、臭い匂いの元である、細菌も見事に消滅してくれます。

熊本地震については、まだ書きたい事がありますが、それは役割が違いますし、

八田氏も、熊本地震で起きた事の詳細は書いていますから私本来の、

サバイバル講座に戻らせて頂きます。 今回は過去の記事と重複する内容もあります。

 

熊本地震で私がまず思ったのは、正直に言いますと、あれほど書いていたのに!

と、いう無念の気持ちでした。

たった500円くらいのペットボトルの1箱も準備していなかった。

火さえあれば、炊飯することも家庭鍋でも出来る。

火を起すのも、全然難しくはない。

コンビニは暫く閉鎖されるし、トイレにも困る。

実際、コンビニはすぐに営業を停止しました。売る物も無い状態でしたから。

そうなると解っていたので、その対策を書いてきたつもりでした。

なので「備え」の大切さを訴えたかったのです。

 

実際には炊飯する、その「お米」さえ家に取りに行けない状況下でありました。

大変な「恐怖感」で胸が裂けそうだったとも、聞いています。

現在でも「トラウマ」になり苦しんでおられる方も多いと聞きました。

 

1回目の大地震から28時間後の大地震。

後になって「前震」とか「本震」とか言っていますが。

地震学者と偉そうにしてても、実は何にも解ってはいないのです。

 

皆さんもそうだったように、最初の地震発生後1~2時間くらいで、        

避難物資を詰め込む、僅かではあるが時間はありました。

勿論、それどころではなかった方々も、大勢いらっしゃった事は充分に承知しています。

 

しかし少なくとも、無事だった方々は避難用具を詰め込む事は

充分に可能でしたし、多くの方々がある程度は詰め込んでいます。

ただ、何を詰めたら良いのか。

あの、いきなりの (災害警報も鳴らない)  大地震。

恐怖、パニック状態で落ち着いて考えるなど、出来ようがありません。

 

これからも、日本は災害に悩まされると思います。

そこで、最低の用具。何を詰めたら良いのか書いていきます。

日本国にお住まいの「全国民様に向けて」。

 

いろいろと書いてはいきますが、この中からご自分にあった商品を選んで下さい。

また、家の倉庫や部屋に仕舞ってある物で「使える物」は結構あるはずです。

1度は確認して下さるよう、お願いします。

 

今回の地震災害で、保存食や保存水は売り切れ状態で、発注しても

1ヶ月以上、待たなくてはならない状況です。

 

なので、スーパーやコンビニ、100均、ホームセンターで購入できる物で揃えます。

先ずは「水」です。家の備蓄は2㍑ペットボトル5箱を基準として下さい。

5箱あれば、60㍑ですから当面は凌げるはずです。

保存水ではなく、普通の2㍑ペットボトルなら販売している事でしょう。

できれば10~15箱は備蓄して欲しいのですが。(置き場所があれば)。

 

置き場所に困る方もいらっしゃるかもしれませんが、5箱なら、

工夫次第で、なんとか置けませんか。階段の下や箪笥の1角等々。

 

ただし、決して積み上げないで下さい。 地震で1箱12キロの物が飛んできて

体を直撃などしないように。

そして500mlのペットボトルは最低、家族分×2本はリュックかバッグに詰めておきます。

4人家族なら8本ですが、当然これだけでは足りません。

なので、できるだけ各自分散して他のバッグ等に詰めておくよう心がけて下さい。

 

リュックサックやバッグはこの際、何でも宜しいです。

リュックが2個あるなら、一つにつき2~3本の500mlペットボトルを詰めて下さい。

これだけで、1~1.5キロになります。上記のように、予備のバッグにも入れます。

500ccのペットボトルなら、リュックやバッグの隙間にも収まりやすいです。

リュックの担げる重さは、男性で約16キロ。

女性で約8~10キロ程度と、お考え下さい。

 

炊飯ですが、まずは火力から

固形燃料を使いましょう。 紹介する固形燃料はフタが土台になります。

この商品はamazonでも遅延なしで、購入できます。

ホームセンターでは違うメーカー品かもしれませんが、販売しているはずです。

注 311の時もそうでしたが、こういう事が起きた後には、必ず災害用品が店頭に並びます。

  ネット販売には中国製の粗悪品も多々ありますので、製品として間違いがないか

  しっかりと確認して購入して下さい。

  特にリュックとかバッグを購入の際には「縫製」や「ジッパー」を必ず調べる。

  裏側を見ると解りやすいです。 ジッパーは「YKK」製品でなかったら要注意です。

  ずれて、縫合してあったりしますと、後で必ず壊れます。

  amazonや楽天、他社での購入の際に不具合があったなら連絡をして即、返品して下さい。 

  お店でもレシートはとっておく事が大事です。

 

メーカーが違っても、大抵は鍋等の土台になるように、付属品が予め付いているはずです。

ニチネン固形燃料  必ず大きいサイズを購入して下さい。予備として小サイズ購入も宜しいです。 

他にも、  パワーマック固形燃料

また、こういう固形燃料でも宜しいです。固形燃料

30gが1合の炊飯に丁度良いです。

 

炊飯用具ですが飯盒 にするか メスティン にするかは、お好きな方を選んで下さい。 

メスティンには ラージサイズ もあります。

ラージメスティンでも1合炊飯は充分可能です。

ラージメスティンで1合炊飯 

動画では使用している、火の元はそれぞれですが、ガスコンロ以外の缶入りの固形燃料の火力は大体同じです。

固形燃料で炊飯

風防があると野外では大変に重宝します。

ウィンドスクリーン  この商品はノーブランドですが、高さと板の枚数が多くて良い品です。

紹介した1個30gの固形燃料は、アルコールなので開封すると同時に揮発が始まります。

なので下の動画のように保存しておきます。 固形燃料は好みでお好きなグラム数に変更しても良いです。

必要分以上に余っても、次に使えますので。 足らなかったら足せば良いだけです。

Sビットについては何回も紹介しましたので、すでにお解りになっているでしょう。

Sビット  私は一応、2個リュックに入れています。固形燃料は動画のようにして、

100均のプラケースに、多少は変形しても構わないのでギュウギュウに詰め込んでいます。

 

肝心の「お米」ですが、意外と保存がききません。夏場で1ヶ月、冬場で2ヶ月と言われていますね。

なのでビニール袋に1合を計って入れ、必要分をリュックに詰め、適度な期間には交換して下さい。

 

インスタント麺やカップ麺も期限は短いです。入れ替えが必要です。その事も知っていて下さい。

逆に、インスタントコーヒーや紅茶は期限が1年も過ぎても大丈夫です。

私など、期限が2年間過ぎた紅茶を毎日飲んでいますが、なんともないです。

しかも100均で購入した商品です。 私はこれを「2年物」と言っています(笑)。

食糧は商品名と賞味期限を紙に書いて、一目で解るよう貼っておく事。

面倒だとは思いますが、「備え」とはこれくらいはするべきなのです。

 

お米は洗わないといけません。貴重な水を消費したくない方は「無洗米」をお勧めします。

「無洗米」の水の分量は一般的に2割増しです。

また普通米でも洗わないでも出来るのが  こちら

「飯盒炊飯」は

初めての方は。

これで、大体の要領はお解り頂いたかと。 100均の固形燃料でも炊飯はちゃんと出来ます。

しかし、どうしても炊飯後はお米がこびりつきます。 こればかりは、仕方がないというか、

最低限の水で時間をかけて「ふやかす」。そしてアルコールティッシュで拭きあげ、

100均のウィルスカット(エタノール)で除菌です。

注 除菌の後にタオルやティッシュで拭いたら除菌の意味がなくなります。

  自然乾燥させて下さい。

 

「副食」

やはり1番にレトルトカレーをお勧めします。

レトルト商品は便利ですし、物によっては賞味期限が長いのも結構あります。

それにカレーは飽きません(私の場合ですが)。 

何故か100均のレトルトカレーには期限の長いのが多いです?

100均の缶詰めにも賞味期限が1年以上あるものが、結構あったりします。

100均に行ったら、手にとって確かめてみて下さい。

有れば買い!ですね。 勿論、商品の好みにもよりますが。

 

缶詰は賞味期限5年ですが、あくまでも製造日よりですので、必ず記載を確かめて下さい。

また、「ふりかけ」や「ごま塩」も欲しいところです。「おむすび」のバリエーションも増えます。

衛生面を考慮するならば、100均の使い捨て手袋(エンボス加工)やビニール袋の中で作ります。

「塩」は必需品です。アジシオはNG。  ミネラル豊富な自然塩をお勧めします。

賞味期限もありませんし。

これで、とりあえずは食事は出来るようになりました。

あとは、お好みで「キャンディ」や「チョコレート」、「ビスケット類」を購入下さい。

 

災害時は食糧も水も貴重品ですので、ご飯は基本1日1回。

あとは「ビスケット類」を少しずつ食します。

リッツやナビスコですがamazonに明記してある、販売会社にメールで問合せて購入すれば

比較的新しいのを選ぶことができます。また、食品卸しの一般向け営業店でも購入できます。

カンパンだけはNGです。喉が渇くだけですので。

お勧めのカロリークッキーは。  バランスパワー

いろんな種類がありますので検索してみて下さい。

また、何人かで30袋入りとかの、量が多いのを購入して分けても良いですね。

 

究極のカロリービスケットは 「救難食糧イーアール」

この商品は救命ボートに積んであるのと同じ商品です。

販売会社 萬有栄養  のサイトでお好きなタイプを選んで購入。

萬有栄養株式会社

この会社は発注が入った時点で作るので、新品が届きます。

 

人間は疲れると、甘い物が欲しくなります。それは「脳」がブドウ糖を欲して

いる訳ですが。

と、いってチョコも1度に食べると「血糖値」が、はね上がります。

健康な人でも160くらいは、かるく上がりますから少しずつ食べる事です。

 

缶詰め類を温めるには、重しとして炊飯中のフタの上に乗せておけば楽ですね。

レトルトだけは湯煎にかけないとなりませんが、お湯は勿体ないので、専用にして繰り返し使用します。

 

次はトイレの問題です。

これは食事の次に大切な事なのです。

今現在でも避難先ではトイレは物凄く不潔で、それを強いられています。

でも、簡単な安い材料で問題が解決するとしたら?

 

私は何度も書いていますが、食事と同様に排泄は、人間として必要不可欠な問題だと。

男性でしたら、外で小便は出来ます。 でも、女性はそれすら出来ません。

そこで、100均でも売っている45㍑のビニール袋を使います。

色は当然に黒色。 ホームセンターで売っているほうが、厚みがあり100均商品のように、

少し透けて見える事はありません。できればホームセンターでの購入をお勧めします。

50枚入りで500円程度です。 そのままでは、重いので分けて各自持っていれば宜しいです。

大き目のジップロックに収納しておきます。

 

Tペーパーも100均で4ロール買えます。 私は押しつぶして、少々平たくしてあります。

少しでも収納量を増やしたいからです。(形は丸くなくてもよいからです)一人あたり2~3個は必要です。

ティッシュの代わりにもなりますし。

100均で携帯用のミニトイレ消臭剤も売ってる所と無い所がありますが、

各自1~2本でも持っていれば匂いの心配も一時ですが、なくなります。(ダイソーには無いです)。 

特に女性は持っていれば安心できますね。

 

この45㍑というサイズは、トイレの「便器」と「便座」の間に丁度良く収まります。

野外ではプライバシー確保の為、ブルーシートで覆ったり、100均のアルミ製ポンチョや

アルミブランケットで見えないようにします。 アルミブランケット  大判タイプ

新聞紙があれば、最初に1~2枚敷いて、最後に1~2枚被せれば水分も吸収しますし、見えにくくもなります。

後に可燃ゴミとして出せます。 小さく千切ったガムテープや洗濯バサミ、クリップ等で

ブランケットをずれないようにすれば、風が強くてもめくれたりしません。 ある程度は手で押えますが。

注  アルミブランケットは切り目が入ると、どんどん裂けていきます。

   1度、圧縮パックから開封したら元の大きさには戻すのは至難の業です。

   捻って紐状にすれば、かなりの強度になります。人がぶら下がる事は出来ません。

 

リュックの詰め方。

購入した避難用具はできるだけ、ジップロックに入れておきます。

防水や、入れた商品の袋が破れた時にも散らかりません。商品によっては2重にするのも必要です。

100均のジップロックを選ぶ基準は。

「大は小を兼ねる」で、2番目に小さいサイズ、葉書より一回り大きいサイズ、B5、A4サイズが、

あれば殆ど対応できます。  サイズにこだわる方は、小~大まで全種類を購入して下さい。

リュックの詰め方は「軽い物は下。重い物は上に詰めます」。

この詰め方をすれば担いだときに軽く感じます。

リュックの底にはゴミ袋を1~2枚敷いて下さい。地面に置いた時の防水の役目にする為です。

 

雨対策。

災害時に「傘」はいろんな意味で危険です。

100均商品なら「ポンチョ」か長目の「レインコート」を使用します。

しかしこの商品は、蒸れやすく直ぐに破れるので使い捨て感覚で使用。一人2枚は必要です。

ポンチョは膝辺りまでの長さの物ですので、膝下は濡れます。 (身長によって違いがあります)

 

amazonではリュックも一緒に収まる、大型ポンチョがあっという間に売り切れ状態に。

でも、色や模様に拘こだわりがなければ、まだあります(現時点)。

ミリタリーショップでも販売しています。自転車用のは形が違います。

ポンチョ  イメージ  自転車マルチタイプ  イメージ  ミリタリーポンチョ  イメージ

袖付きポンチョ  イメージ   レインコート  イメージ  

自転車用の方が前は濡れないかもしれませんが、レビューを読んで、よく検討して購入して下さい。

種類も価格もいろいろです。ホームセンターで実物を見て、購入されたほうが良いかもしれません。

 

寒さ対策。

緊急用のアルミブランケットもありますが、新聞紙を何枚か上着と下着の間に入れるだけで、

結構、保温が出来ます。 新聞紙はなにかと使えます。アルミブランケット  サバイバルシート

サバイバルシートは低価格商品もありますが、安いだけに・・・。 上記のメーカー品は信用できます。

このアルミ毛布は快適な商品です。  アルミ毛布

100均のアルミ寝袋は安くて便利そうに思えますが、自分の汗も逃がさないので

下着は、汗ビッショリになります。(最悪です)。100均商品でなくてもです。

 

照明。

ランタンはやはり本格的なのが良いですが、100均商品でも「白色LED」でしたら、結構明るいです。

2~3個もあればかなりの明るさです。停電時にトイレに置いておく等、予備として揃えておきたい商品です。 

白色LEDが4個程度は着いているのを購入して下さい。必要ない他の色が、付いているのもあるので注意。

 

お勧めのamazonのランタン   ジェントスLEDランタン  他製品も比べて下さい。

100均のS字フックでぶら下げる事も出来ます。

 

乾電池

災害で停電時の電力は全て、乾電池に統一するのが良いので、多めに揃えて下さい。 

やはり単3電池が1番使います。単4電池は使用する商品の頻度を確かめて個数を決めて下さい。

単1、単2電池は重いですし、売っている所も限られます。扱っていないコンビニもあるほどです。

乾電池を使用する商品も、全て単3or単4乾電池タイプにして下さい。

使い捨てですので、高いのは必要ありません。100均の5~6本入りで充分です。

コイン電池は同じ型番の予備を用意するか、使用品は使い捨て商品にして下さい。

 

必ずアルカリ乾電池にして下さい。 マンガンではパワーと持ちが足りません。

高価な充電式乾電池を購入しても、停電時には充電する電力がありません。

仮に50本購入しても、1000円程度です。

 

乾電池に統一する理由は、ソーラー発電機は5万円もしますし、いつも太陽が出ているとは限りません。

エンジン式発電機は燃料も要りますし、音もうるさく匂いもする為、室内では使えません。

野外で使用しても上記の理由で、周囲に迷惑がかかります。

 

情報収集。

災害時はラジオくらいしか、情報を仕入れる手立てはありません。(スマホ等は別として)。

ホームセンターでAM:FMラジオを購入して下さい。1200円程度の商品で充分です。

これを、100均のポーチに入れて濡れないようにしておきます。

 

スマホ、アイフォン充電器。

こちら イメージです。  これもホームセンターで購入出来るでしょう。

勿論、amazonにも各種類が売っていますが価格差が大きいですね。

 

懐中電灯

これは家にあるなら、それで良いし、100均の小型でも足元くらいは明るく

照らすLEDライトが、いろいろ売っています。他人を気にせずバッグの中身を

見る時などに重宝します。各自1個は100均ので良いから必要です。(使い捨て)。

しっかりとした信頼できる商品は、ホームセンターで明るさを確かめてから購入して下さい。

2500円程度のジェントス製や「閃」という名の商品は明るさも大きさも手ごろで良いですね。

明るさは、150~250ルーメンは必要です。

薬店市場ジェントス

 

替えの下着類。

男性ならパンツ靴下、各3~4枚あれば暫くは間に合いますが、女性の場合は、

数が多いので個別に検討して下さい。 生理用品も忘れずに。  

、ナプキンは出血の多い怪我の止血帯にもなります。 シャツ類は2枚程度に抑えて下さい。

あまり数が多いと、それだけでリュックが満杯になってしまいます。

その場合はキャリーバッグかバッグに別途に収納して下さい。

100均商品の手で空気を抜く、圧縮袋を利用して下さい。

 

医療品やマスク等。

医療品は100均で包帯、三角巾、ガーゼ、ハサミ、綿棒、オキシドール、ウィルスカットその他。

抗菌剤や3層マスクは薬局で購入 N95マスク  破傷風は怖いので抗菌剤は必需品です。

また、火傷の軟膏や総合風邪薬、頭痛の鎮痛剤等。(ジェネリックで充分)。

 

風邪薬は治す薬ではなく、あくまでも症状の緩和だけです。

お風呂に入れない日が続くのを考慮すれば「かゆみ止め」も必要ですね。  

絆創膏だけは、ケチらないで良い物を購入して下さい。  バンドエイドが粘着力も強くお勧めです。

持病のある方は、避難時には薬を絶対に忘れないことです。 家人も気づいてあげて下さい

100均で買ってはいけない物。

タオル類

タオルは必需品です。 お風呂に入れなくてもバスタオルは寒さ対策にもなります。

一人につきバスタオル1枚とフェイスタオル2枚は最低必要です。

100均で大型タイプを購入して下さい。手で押すタイプの圧縮袋を使うと、薄くなり収納が楽です。

100均のアルコール身体拭きや、お尻拭きも役立ちます。(お尻拭きの方がサイズが大きいです)。

 

水のいらないシャンプー

どうしても、頭だけは洗いたくなります。しかし水は使えません。

そこで こちら  大手薬局で販売しています。

 

カッター 大

避難先でダンボールを綺麗に曲げるために、少し切り目を入れると綺麗に出来ます。

本来の使い方以外にも、なにかと出番があります。細いのは、すぐ折れてしまいますから大き目のを。

替刃も裏側に2枚は入りますのでセットしておきましょう。

100均カッターで充分ですが、見るからに頑丈そうな商品を選んで下さい。

 

大変長い文章になりました。

これでも、かなり簡略化したつもりですが、これらを全て購入するとなると大変です。

災害時には水や食糧以外にも、いろんな物が必要になります

この中で自分にとって必要な物だけを選んで購入して下さい。過去の記事も参考にして下さい。

古い記事の中には、今では買えない商品もありますが、「家に有る、使える物」は結構あるはずです。

歯ブラシセットや石鹸、タオル類とかリュックやバッグ等々。

いっぱい有るはずです。それらを仕舞ってばかりいないで、流用して下さい。

災害用品を揃えていく過程で、自ずから何が必要で何が要らないのかが解ってきます。

そこで初めて、イザという時の為の備蓄しておく物や、緊急避難用品が出来上がります。

                                      by   ZEKE

PS。

解らない事がありましたら、どうぞ遠慮なく掲示板に書き込んで下さい。

貴方のご希望や、ご予算に沿ってリストを作成致します。