こんにちは ZEKEです。

下記の100均の購入品以外は他のページを参照して下さい。

前回は「カッター」の使い方で、避難用具について一旦区切りましたが、

防災関係の、あるネットショップをggっていたら、万能ナイフが売り切れになっていたので、

レビューを覗いてみると、皆さん「災害時には必要そうだから購入した」との事。

6得ナイフっていう物(アーミーナイフとも言う)ですが最近は20得も機能が付いてます。

売れ筋はこんなナイフですね。 20得ツールナイフ  これは、なかなか機能的ですし

価格も手ごろですが同じ20得でも、こんな物もあります。 MFZマルチツール

* 後部に付いているプラのピンとか、ピンセット?は殆ど役にたちませんし、

  よく抜けて無くします。

 

ただ、この手のナイフは皆、一様に切れません。 100均包丁より切れないです。

ビクトリノックスとかのメーカー品もそうですから、なにかの意図があっての事でしょう。

でも「切れないナイフ」になんの意味があるのか? 私としては理解に苦しむところですが。

もし購入されるなら、家庭にあるシャープナーでかるく研いで下さい。

* シャープナーは手元から先へ向けて、スーっと引く。押したり引いたりはしない事。

  最後に新聞紙で2~3回こすり、返し(バリ)を取る。

  シャープナーを持っていない方は「耐水サンドペーパー」でも出来ます。

  800番→1500番と順に使っていけば良いでしょう。必ず軍手をはめて作業して下さい。

セットされてる「虫眼鏡」は物を大きく見る為のツールではありません。

太陽光を集光して紙等を燃やすツールです。ナイフの他に、小さいハサミがとても役立ちます。

MFZマルチツールは、必要なツールを少し取り出しにくいのが難ですが。

 

でも、どうせ購入なさるならお勧めは   ジープマルチツール  上記の機能は全てありますし、

先端のニッパーはとても役立ちます。 熱い物を掴んだり、六角のボルト止め等を緩めたり、使い方無限です。

これから100均での購入リストを最小限に絞って書いていきますが、中には「針金」も含みます。

ニッパー使って固定やカットをするのに、この商品があれば大変便利です。

車中から脱出あるいは助け出す時も、内蔵ツールでウィンドウも割る事も可能です(フロントガラスは不可能)。

 

では100均商品で購入する、緊急避難用の最低限リストです。

 

懐中電灯

普通のサイズでLEDが4~5個は付いているタイプ。以前にも動画を載せましたがランタンの代用品として。

すでにランタンを購入されている方でも、こういう知識があれば2個作ったり応用が出来ますね。

他にも、小さな「使い捨てのキーホルダー付きのライト」。 バッグの中身を照らすのに便利です。

サイリウム棒

よくコンサートで観客が使っている物です。 暗闇に投げ入れたり広範囲に置いたりします。

色はオレンジかイエローが良いです。物の輪部をハッキリと映します。4本程度購入。

2色を混ぜても宜しいです。 レッドは緊急時の信号合図用に1本。折ると6~8時間点灯します。

使用後に冷蔵庫に入れておくと、使った後でも再生するとよく言われますが、不可能です。

包帯等、ハザミ等。

包帯はLサイズかXLサイズを5~6本。傷だけでなく、骨折時の固定にも役立ちますので、

多めにあると重宝します。Mサイズは中途半端な大きさでNG。 

指の怪我等には、包帯自身がくっつくタイプがあります。

ハサミは、1本は片側がギザギザになっている物(服も切れます)。

もう1本は、先が丸くなっているタイプ。(怪我の治療中に誤って刺す事が無いので安心です)。

三角巾2枚、大判ガーゼ、カットガーゼ、オキシドール、ウィルスカット、綿棒、

ボアテープ(ガーゼや包帯止め)等です。綿棒は30本くらいをジップロックに入れておきます。

ルービングキット

詰め切り、毛抜き、耳かき等のセットです。 これは結構使います。

ジップロック

前回に書いた大きさを。 または必要と思うサイズを。

蛍光太字ペン、メモ用紙、セロハンテープ、ビニールテープ。

メモ用紙に伝言を残す時は、目立つ色を使いましょう。 蛍光ピンク色が目立ちますね。

メモ用紙も、少し大き目サイズが宜しいです。

ビニールテープやセロハンテープも1ずつあると、使う事が結構あるものです。

ハンドミラー。

太陽光を反射させ相手に知らせる為です。小穴があるタイプだと、反射先が解りやすいです

裁縫セット。

服やバッグ等が破れた場合に縫合する為です。よく使う黒色の糸は、別途に買い足します。

安全ピン。

これもズボン等が裂けた場合の応急処置に。 大中小サイズの中サイズが適しています。

アルコールティッシュその他。

アルコールティッシュはよく使います。 「身体拭き」、「お尻拭き」も必需品です。

「お尻拭き」のほうが、入っている枚数は少なくても「身体拭き」に比べ、厚みがあり大きいので、

結果的に使いやすいです。1枚でも充分、体を拭けます。拭く箇所の関係上2種類共、購入して下さい。

45㍑ゴミ袋。

代用トイレとして必需品です。

携帯用トイレ消臭剤。

販売していれば3~4本購入して下さい。他人の後に入る時や、女性のプライバシー保護に役立ちます。

各種ポーチ。

小型ラジオを入れる。小銭を入れる。乾電池等の小物入れとして。サイリウム棒や、

その他が入る長いタイプも必要です。腰ベルトに装着できるタイプも小銭を仕舞ったりと便利です。 

お好きなタイプを数種類は購入して下さい。

巾着各種。

いろんな物を小分け(色分け)しておけば、リュックやバッグから出しやすいですね。

例えば、食糧品なら缶詰めやレトルト等を詰める等。また、粘着フックに巾着袋をかけて

給水袋を入れキッチンに張りつけておけば、直ぐに「溜め水」が作れます。

給水袋。

これは必需品。 沢山あっても困る事は無いです。販売している所と取扱いしていない所があります。

小銭(100均とは関係ないが)。

災害時には必要不可欠です。コンビニが再開しても1万円札出して、つり銭が無いと言われたら最悪です。

また、電気が復旧したら自販機に必要となります。

5千円札、千円札、500円玉、100円玉、10円玉。 普段から小銭は別財布に用意しておく事です。 

老眼鏡、眼鏡拭き、クリーナー。

老眼鏡をしている方は予備品として必要です。

石鹸。(有ればメーカー品を)。

手指は勿論、服等の洗濯に。勿論、水が貴重な時は使えませんが。

ボトルホルダー。

腰ベルトに装着できる、ペットボトル500ccが収まるタイプ。 これは家族分は必要ですね。

ポケットティッシュ。

1ダース入りをジップロックに2枚ずつ圧縮しておくと持ちやすいです。

よく使うので2ダースあっても良いです。

箱入りティッシュは大きくて邪魔になるだけで、箱が潰れ無意味です。

家の備蓄用なら購入して下さい。

ライター、マッチ。

ライターは中身が見えるタイプ。 マッチは必需品。

キャンドル。

蝋燭でも良いですが、太いキャンドルのほうが、短くなった蝋やオイルを継ぎ足し出来ます。

糸(木綿)を増やせば、明かりも増します。粗悪品に注意して下さい。(1個だけ買って試してみる)。

下着類。 

男性はパンツ、靴下等を圧縮袋に各2~3枚入れる。 女性は生理用品を含め、人それぞれですね。

圧縮袋。

手で空気を抜くタイプ。 Mサイズに靴下等を。Lサイズにはバスタル等を詰めます。

タオル類。

バスタオル、フェイスタオル。 これも圧縮袋を使用。家庭に有るなら不要。

トイレットペーパー。

4ロール入りを購入。少し潰してジップロックに。一人2~3個は必要です。いろいろ用途があります。

アルミホイル。

100均のは長さが短いですが、用途的には同じなので。2本も有れば充分です。

プラの先割れスプーン。

割り箸は中国製品で、体に害があるのでNGです。ウィルスカットで消毒して使い回します。

お箸。

これは100均商品ではなく、家にある国産の安全な箸をご用意して下さい。

100均でも、オシャレな商品がありますが質は最低です。

コンドーム。

売っていればですが、1.5㍑の水が蓄えられます。防水にも使えます。

使い捨てビニール袋手袋。

エンボス加工のフリーサイズを。清潔さが求められる時に使用します。

歯ブラシセット

家に旅行用のセットが有れば不要です。100均のは質が悪いので、できれば薬局で購入して下さい。

ステンレスの小バット、小さい焼き網。

小バットはSビットや固形燃料缶のフタの上に乗せて使います。焼き網は各ガスコンの上に乗せて、

どちらも鍋類を置いたときに、安定させるためにです。バットはキャンドルの下にも敷きます。

S字フック。

ランタンを吊るしたりします。また車内では手すりに、バッグ等を引っかければ車内も広く使えます。

ガイロープ。

ビニールの3~4m口径を。20m位ありますので、簡易テントを作る際や荷物の固定用に。

ロープが1本でもあれば、とても重宝します。しかし、いくら束ねても体重をかけるのだけはNGです。

靴紐。

70㎝くらいの物。単品ではなく、1パックに20本程入っているタイプを。 

靴紐以外にも、なにかと使います。

粘着ベルクロ。

粘着タイプでも、数か所を縫い付けて完全に固定を。いろいろ取り付けたりしますが、走ったりした

くらいでは剥がれないです。基本メス側がリュックやバッグ側。つまり受ける側になるようにします。

ブルーシート。

上記のガイロープを張った上に掛けると簡易テントが作れますし、野外簡易トイレのプライベート用に。

地面に敷くのは勿論、折ればクッションにもなります。 3~4枚はあっても無駄にはなりません。

針金(ビニール保護のタイプ)。

例えば、物と物をしっかり固定したり、2重にして折り曲げランタンを吊るしたり等、

1つ持っていれば結構使う事が多々あります。

* 針金で物と物を固定する時は、1度に幾重にも巻くより1巻して、

  上記で紹介した「マルチツール」のニッパーで締め付けたほうが、上手く固定出来ます。

  それを何回か繰り返し、しっかりと固定します。

バンダナ

頭に巻いてから帽子をかぶります、頭の保護やハンカチの代用に。また緊急の止血帯に。

家にあるなら不要です。 フェイスタオルでも構いません。

サングラス。

100均のサングラスは、あまり良い物はないと言いますが、避難中に目を怪我したら最悪です。

花粉症対策の、度の入っていないクリアサングラスが良いですスモークは夜目が効きません。

ホームセンターの作業品売り場で眼鏡の上からでもOKなサングラスが販売しています。500円程度。 

カラビナ

腰ベルトに着けたり(動く方が外側)、リュックやバッグに物を装着する際や、使い方いろいろです。

登山用ではないので、決して体重をかける事はしてはいけません。

ベルト幅より大きいサイズや小さいサイズ。各種類を検討して購入して下さい。

ボトルネックの付いている物は便利ですが、カラビナが小さくて「ベルト通し」

に着けるとペットボトルを下げて動いている最中に、重さで「ベルト通し」が切れる場合があります。

ベルト幅より大き目サイズのカラビナに交換します。

結紮バンド。

プラスティックの結紮バンドですが、これも物を素早く固定できます。

しかし「針金」と違ってプラですので強い力で引っ張ったり、擦れたりすると

切れる場合があります。大中小とありますが、大と中を購入すれば宜しいですね。

解く時はニッパーかハサミで切らないと無理です。

また熊本地震で「空き巣」が横行したように、なにかあれば捕まえて縛り上げる事も可能です。

注  現行犯に限りですが、日本国民は皆、逮捕権を有しています。

   その場合は手首足首を縛るのではなく、両手は背中側に。親指同士を縛るのがコツです。

   力のある人ならプラですから手首だと引きちぎってしまう恐れがありますが、

   親指同士を根本から強く結紮すれば、痛くて外す事は不可能でしょう。

   縛った両手を足の下から回して抜け出す輩もいるので、他の紐で首に1巻きして手に繋ぎます。

   手を下げ逃げようとすると、自分の首を絞めつけることになるので反抗できなくなります。 

 

最低品目としながらも結構、書いてしまいました。

まだ、いろいろありますが、この中から自身で、必要と思われる物だけを購入して下さい。

量も含めてです。100均商品でも、あまりに購入すると、その分重くなります。

まずは使い道を想定してから、買い足していけば宜しいかと思います。

100均は最低2軒は見てまわって下さい。大手には無い「掘り出し物」が見つかります。

                                 by   ZEKE