こんにちは ZEKEです。

今回はサバイバル講座としては内容が異なりますが、是非お読み下さるようお願いします。

 

購入品リストの中でも安全性に問題があると書いてきました、100均の「割り箸」。

100均商品に限らず、普段当たり前に使っている「割り箸」。これは、かなり危険な製品です。

現在国内で流通している「割り箸」は97%が中国製です。勿論、国産の安全な商品もあります。

その危険性をご理解していない方も、多数おられると思うので下記の動画をご覧下さい。

どうですか。

この動画をご覧になっても、まだ中国産の「割り箸」を使いたいと思いますか?

私は外食の際には、自分の「箸」を持ち歩いています。

半分のサイズになるタイプで収まりは良いのですが、普通サイズの方が使い勝手が良いかも。

ちょっと探せば、専用のケースが付属している「〇〇塗り」とかの色とりどりの綺麗な「箸」が

沢山販売しています。 「マイ.スティックス」はカッコイイですよ! ウケます^^^。

 

価格は千差万別でしょうが、一般的なのは2000~2500辺りで販売しています。

それもデパートでの価格でです。  是非、ご購入をご検討下さい。

 

それからコーヒーに入れる「コーヒーフレッシュ」。

フレッシュと言いますが、けっして「腐りません」。どこがフレッシュなんでしょうか。

その答えは下記の動画をご覧下さい。

こんなのもあります。

また「アステルパーム」という「人工甘味料」。

そして「スターバックス」ファンにとってはショックな事ですが・・・・・。

ポカリスウェットVSアクエリアス

コンビニ弁当。

こういう記事(動画)を書いていたらページがいくつあっても足りないくらいです。

いつから日本は、こんな食生活が当たり前になってしまったのでしょうか?

戦後GHQが日本人を「洗脳」し始めてからです。「アメリカに追いつけ、追い越せ」という考えは、

素晴らしいと思います。が、先人達の苦労を忘れ「団塊の世代」を良くは言わない風潮が生まれ、

日本人には不向きである「個人主義」と「アメリカ流」に次第と向かってしまいました。

 

ひとつの大きな要因としては企業側のコスト削減が挙げられます。それを責める気はありません。

ただ、ちゃんと解りやすく明記していないのが、おかしいと言いたいのです。

明記してあるが普通に読んでも、その意味までは解りませんよね。

毎日、口にする食糧品であるにもかかわらずです。まるで解らないように書いてあるかのようです。

同じ成分でも品目が変わると、明記名も変わる物もあります。まるで騙されているような気持ちです。

実際のところ、騙されている訳なんですが。

 

少しくらいなら大丈夫。 と、自分に言い聞かせ結局は、毎日食べたり飲んだりしてはいませんか?

少量でも毎日、摂取するとなると・・・。

とは言っても身体に優しい、安全で良質な食品を見つけること自体、困難であるのが現状です。

 

今回はサバイバルとして直接は関係のない話しでしたが、ある意味においてはこれもサバイバルです。

何故なら人間は食べないと、生きていけない動物だからです。

添加物の危険性について、見識のある方にとっては今回の話し(動画)などは、

ほんの序の口である事柄ばかりです。が、一般の消費者の方々にも、知識を深めてほしいのです。

くだらないTV番組やCM。マスゴミや真実を書かない新聞に、踊らされてはいけないのです。

                                    by   ZEKE